実行時にリングおよび列挙体制御器の項目を選択する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIが実行モードのときにリングまたは列挙体制御器の項目を選択するには、以下の手順を実行します。

  • 増分または減分ボタンをクリックします。
  • 制御器に移動するには、<Tab>キーを押してから、上下の矢印キーを押します。

VIが実行モードのときにリングまたは列挙体制御器の項目を選択する、または、VIが編集モードのときにリングまたは列挙体定数の項目を選択するには、以下の手順を実行します。

  • ショートカットメニューを表示するには、制御器をクリックし、上下の矢印キーを使用して選択する項目に移動します。ショートカットメニューで選択する項目をハイライトしてから、<Enter>キーを押してその項目を選択します。
  • 制御器をクリックしてショートカットメニューを表示し、選択する文字列の最初の文字をいくつか入力します。入力した文字で始まる制御器の最初の項目をLabVIEWがハイライトします。<Enter>キーを押して項目を選択します。
  • デジタル表示が表示されている場合には、デジタル表示にカーソルを置き、数値を入力してから<Enter>キーを押します。制御器に存在しない値を入力すると、LabVIEWが入力値を最も近い有効な値に変更します。
  • リング制御器に未定義の数値を入力できる場合には、制御器をクリックしてショートカットメニューから<その他>を選択し、表示されたデジタル表示に数値を入力して、<Enter>キーを押します。未定義の値がリング制御器に括弧(<、>)付きで表示されます。デジタル表示が表示されている場合には、デジタル表示にカーソルを置き、数値を入力してから<Enter>キーを押します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった