多態性VIのインスタンスを手動で選択する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

ブロックダイアグラムに多態性VIを配置する場合、デフォルトの多態性VIは、多態性VIウィンドウのインスタンスVIリストにある最初のインスタンスになります。多態性VIの端子から制御器、表示器、または定数を作成する場合、各オブジェクトのデータタイプはそのインスタンスによって決まります。デフォルトのインスタンスを変更するには多態性VIウィンドウの矢印のボタンを使用して、インスタンスVIの選択したインスタンスをリストの一番上に移動します。

多くの多態性VIでは、多態性VIの入力に配線したデータタイプによって使用されるインスタンスが決定されます。たとえば、文字列定数を「キーを読み取る」VIのデフォルト値入力端子に配線した場合、多態性VIの文字列インスタンスが選択され、出力端子が文字列データタイプに変更されます。

多態性VI入力に配線するデータタイプが使用するインスタンスを決定しない場合、インスタンスは手動で選択する必要があります。多態性VIのインスタンスを手動で選択した場合、このVIは選択するインスタンスのデータタイプのみを受け入れて返すため、多態性VIとして動作しなくなります。

多態性VIのインスタンスを手動で選択するには、以下の手順に従ってください。組み込みの多態性VIについては、ショートカットメニューでカーソルを移動すると、インスタンスの説明を示す詳細ヘルプウィンドウが表示されます。

  • ブロックダイアグラムの多態性VIを右クリックして、ショートカットメニューからタイプを選択を選択し、使用するインスタンスを選択します。
  • 操作ツールを使用して、多態性VIセレクタをクリックし、ショートカットメニューからインスタンスを選択します。ブロックダイアグラムの多態性VIを右クリックし、ショートカットメニューから表示項目→多態性VIセレクタを選択して、使用するインスタンスを選択します。以下の図は、多態性VIセレクタの例を示します。

処理されたすべてのデータタイプをもう一度取り入れるために多態性VIを変更するには、ショートカットメニューからタイプを選択→自動を選択して、操作ツールで多態性VIセレクタをクリックし、ショートカットメニューから自動を選択します。

ヒント  多態性VIセレクタに関連した多態性VIノードを検索するには、セレクタを右クリックし、ショートカットメニューから多態性VIを検索を選択します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった