取り消しを設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、取り消しまたはやり直し可能な動作の数を設定します。

  1. ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示します。
  2. カテゴリリストから環境を選択します。
  3. 最大取り消し回数テキストボックスに数値を入力します。入力可能な最大数値は99です。入力可能な最小数値は1です。
  4. OKボタンをクリックします。
メモ  各VIでは、独自の取り消しのインスタンスが記録されます。したがって、最大取り消し回数テキストボックスに入力された数値は各VIに属します。この数値を小さく設定するとメモリリソースを節約できます。

場合によっては、LabVIEWはすべての取り消し情報を削除します。VIの発呼者は、VIがフロントパネルを変更したときに自動的に更新されます。LabVIEWは、以下の変更を行うと、LabVIEWは発呼者VIの取り消し情報をすべて削除します。

  • VIコネクタペーンパターンの変更または制御器のデータタイプの変更。
  • 指定データタイプの外観、データタイプや厳密さ、またはカスタム制御器のタイプ定義の変更。
  • グローバルVIの制御器のデータタイプまたは名前を変更する、または制御器をグローバルVIに追加またはグローバルVIから削除する。
メモ メモ  (MathScript RTモジュール)MathScriptノードが含まれているVIを保存または実行すると、すべての操作取り消し情報も削除されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった