固定小数点数のオーバーフローステータスLEDを表示または非表示にする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

固定小数点制御器、定数、表示器にオーバーフローステータスが含まれるよう構成すると、それらの制御器、定数、表示器オーバーフローステータスのLEDを表示できるようになります。このLEDは、固定小数点数がオーバーフローした演算の結果であるかどうかを示します。以下の手順に従って、オーバーフローステータスLEDを表示または非表示にできます。

  1. オーバーフローステータスが含まれるように固定小数点数制御器、定数、表示器を構成します。
  2. フロントパネルで固定小数点数制御器または表示器を右クリックするか、ブロックダイアグラムで固定小数点数定数を右クリックします。
  3. ショートカットメニューから表示項目→オーバーフローステータスLEDを選択します。
メモ メモ  制御器、定数、表示器でオーバーフローステータスが含まれるように設定しないと、オーバーフローステータスLEDショートカットメニューは表示されません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった