コンボボックス文字列にカスタムの値を指定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

コンボボックス制御器の文字列のリストを構成する場合、各文字列にカスタム値を指定することができます。カスタムの値を指定すると、フロントパネルのコンボボックス制御器に表示される文字列がブロックダイアグラムのコンボボックス端子が返す文字列の値と異なるように設定したい場合に役に立ちます。

以下の手順に従って、コンボボックス制御器の文字列にカスタムの値を指定します。

  1. コンボボックス制御器を右クリックし、ショートカットメニューから項目を編集を選択してコンボボックスプロパティダイアログボックスの項目を編集ページを表示します。
  2. 値一致項目チェックボックスのチェックマークを外します。
  3. 変更したい値を含む列のセルをダブルクリックします。
  4. ユーザによって制御器の対応するラベルが選択された時にブロックダイアグラムで使用する文字列値を入力します。
  5. 変更する各値に対して手順3-4を繰り返します。
  6. OKボタンをクリックします。

また、文字列と値[]プロパティを使用してカスタム値をプログラム的に割り当てることができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった