複数の値を次のループ反復に渡す



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ループの左側にスタックシフトレジスタ端子を作成して前の複数回の反復を記憶させると、それらの値を次の反復に渡すことができます。この方法はデータポイントの平均を計算する場合に役立ちます。

以下の手順に従って、次の反復に前の複数回の反復での値を持ち越すようにシフトレジスタを設定します。

  1. シフトレジスタを作成します
  2. シフトレジスタの左または右の端子を右クリックします。
  3. ショートカットメニューから要素を追加を選択して、ループの左側に追加端子を作成します。

スタックシフトレジスタは、ループの左側のみでしか作成できません。これは、以下のブロックダイアグラムに示すとおり、右側の端子が現在の反復だけで生成されたデータを次の反復に渡すからです。

反復終了値
左上部シフトレジスタ左底部シフトレジスタ右シフトレジスタ
0011
1101
2112
3213
4325

上記のブロックダイアグラムのように他の要素を左側の端子に追加した場合、最後の2回の反復で生成された値は、次の反復に渡されます。最新の反復値は一番上のシフトレジスタに格納されます。下の端子は、前の反復から渡されるデータを保存します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった