Forループの並列反復実行を確認する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

すべてのForループを並列反復実行できるわけではありません。Forループの並列反復を有効にした後は、以下の手順に従ってそのForループが並列反復実行できるか確認します。

  1. 環境設定が警告を表示するよう構成されていることを確認します。
  2. 表示→エラーリストを選択して、エラーリストウィンドウを表示します。
  3. エラーと警告セクションを確認します。以下のエラーまたは警告が発生していなければ、Forループは並列反復実行できます。
  4. 並列反復を有効にするとエラーまたは警告が発生する場合は、並列反復を無効にするか、コードを修正する必要があります。並列反復の使用が可能なケースについては、ni.comにある以下のサポートドキュメントを参照してください。

警告が発生するForループの並列反復の例については、labview\examples\Structures\Parallel For LoopディレクトリでParallel For Loop Iteration Order VI を参照してください。

メモ  プロジェクトやサブVIを含むVIなど、複数のVIを処理している場合は、並列化可能なループを検索ウィンドウで並列反復を実行できるForループを検索できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった