ダイナミックディスパッチメンバーVIの実装を開く



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ダイナミックディスパッチメンバーVIは、LabVIEWクラス階層内のVIのセットの1つを呼び出すことができます。LabVIEWは、ダイナミックディスパッチ端子に接続されているクラスのデータタイプに応じて、ランタイム時に呼び出すサブVIの実装を決定します。

以下の手順に従って、実装を選択ダイアログボックスで1つまたは複数のダイナミックディスパッチサブVIの実装を開きます。

  1. ブロックダイアグラムでダイナミックディスパッチVIをダブルクリックします。VIに1つまたは複数の実装がある場合は、実装を選択ダイアログボックスが表示されます。

    矢印のグリフは、ワイヤ上のランタイムデータタイプがワイヤ上の編集時データタイプと同じである場合に実行する実装を示します。LabVIEWクラスワイヤは、そのクラスの独自のデータタイプまたは任意の子クラスのデータを転送できるため、このグリフはLabVIEWがランタイム時に実行する実装がクラス階層においてグリフレベルまたはグリフレベル以下であるかを示します。

    LabVIEWクラス階層には、すべてのクラスが表示されます。クラスがダイナミックディスパッチメンバーVIを先祖クラスから継承しているが、独自の実装がない場合、LabVIEWはVIを選択リストでそのクラスを淡色表示にします。

    また、ブロックダイアグラムのVIに配線されているクラスにVIの独自の実装がない場合、矢印のグリフはVIを選択リストにあるVIを継承する先祖クラスの左側に表示されます。以下の例では、Commercial VehiclesクラスはAutomobileクラスのSet Make VIを継承します。ブロックダイアグラムで、Commercial VehiclesクラスがSet Make VIの先祖実装に配線されているため、その先祖実装の横に矢印のグリフが表示されます。

  2. VIを選択リストで開くVIを選択します。

    <Ctrl>キーを押しながら複数のVIを選択すると、複数のVIを開くこともできます。(macOS) <Option>キーを押し続けます。(Linux) <Alt>キーを押し続けます。
  3. 開くボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じ、選択したVIを開きます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった