ウェブサービスをテストおよびデバッグする(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: 概要: LabVIEWアプリケーションとのウェブベースの通信

メモ メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの紹介およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

ウェブサービスをターゲットにデプロイする前に、クライアントがHTTPメソッドVIとスタティックコンテンツを期待どおりに呼び出し、通信することができるかどうかをテストしたい場合があります。予期しない行動やエラーが見つかったら、訂正して、ウェブサービスを再度テストすることができます。

ウェブサービスをデバッグするためのワークフロー

ウェブサービスのテストおよびデバッグは、ウェブサービスファイルが含まれるLabVIEWプロジェクトで反復的に行うプロセスです。以下の手順は、プロジェクトエクスプローラウィンドウでウェブサービスをデバッグする典型的なワークフローです。

  1. ウェブサービスがスタンドアロンアプリケーションの一部である場合は、プロジェクトからそのアプリケーションのスタートアップVIを開き、実行します。それ以外の場合は、ステップ2へ進みます。
  2. ウェブサービスのプロジェクト項目をプロジェクトツリーで右クリックし、開始を選択します。ウェブサービスがデバッグサーバに配置されます。ここでサービスはターゲット上にパブリッシュされたかのように動作します。
  3. プロジェクトからHTTPメソッドを開きます。デバッグセッションの間はVIの実行がLabVIEWによって予約されるため、プローブ、ブレークポイント、実行のハイライトなどの標準のLabVIEWデバッグ技法を用いて、クライアントから呼び出されたときの動作を観察できます。
  4. VIにマッピングされたURLを使用して、クライアントからウェブブラウザなどのHTTPメソッドVIを呼び出します。適切なURLをプロジェクトで直接検索して、コピーすることができます
  5. エラーを確認した、またはテストが終わった場合は、プロジェクトツリーでウェブサービスプロジェクト項目を右クリックし、停止を選択します。LabVIEWスタンドアロンアプリケーションのVIがステップ1から実行されている場合、これを停止する必要はありません。
    メモ メモ  デバッグ中は実行用に予約されているため、デバッグセッションを停止するまでHTTPメソッドVIを編集することはできません。
  6. VIを編集して、見つかったすべての問題を修正します。
  7. (オプション)ステップ2~6を繰り返して、ウェブサービスファイルに加えた変更を検証します。

デバッグモードでHTTPメソッドVIにアクセスする

デバッグセッション中にHTTPメソッドVIのURLを判断するには、以下の手順に従ってください。

  1. HTTPメソッドVIを右クリックし、メソッドURLを表示を選択すると、HTTPメソッドURLダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスを使用して、クライアントからHTTPメソッドVIにアクセスするためのURLを表示し、コピーすることができます。
  2. 利用可能なサーバドロップダウンメニューで、ローカルデバッグが含まれる項目を選択し、URLをコピーボタンをクリックします。ウェブサービスがデバッグ環境で実行されているため、ターゲットにパブリッシュした場合は別のサーバとポートからアクセスすることができます。
  3. このURLを標準のウェブブラウザに貼り付け、{値}変数をhttp://127.0.0.1:8001/TutorialService/Add?b=2&a=3のように数値で置き換えます。

関連情報

デバッグサーバのポートおよびその他のオプションを構成する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった