熱電対読み取り値の変換 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: スケールVI

インストールパッケージ: ベース開発システム

熱電対から読み取る電圧を温度に変換します。電圧波形(波形)、電圧配列(配列)、熱電対電圧(スカラ)入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。

メモ  このVIは、NI 9211 Cシリーズモジュールでは動作しません。その場合は、labview\examples\CompactRIO\Module Specific\NI 9211\NI 9211 Support Files.llbにある「温度に変換(NI 9213)」VIを代わりに使用してください。

このVIのインスタンスを選択するには、プルダウンメニューを使用してください。

熱電対読み取り値の変換(波形)

温度単位はVIが出力する温度の単位です。 この入力は以下の値を受け入れます。

0摂氏
1華氏
2ケルビン
3ランキン
電圧波形は熱電対から読み取る電圧の波形です。
熱電対タイプは、B、E、J、K、R、S、T、Nが可能です。 この入力は以下の値を受け入れます。熱電対の詳細については、熱電対のユーザマニュアルを参照してください。

0B
1E
2J
3K
4R
5S
6T
7N
CJC電圧は、冷接点補償の基準電圧です。CJC電圧パラメータは、CJCセンサで指定されたように、ICセンサまたはサーミスタセンサのどちらかになります。
CJCセンサは、使用中の冷接点補償センサのタイプです。 0のCJCセンサ値は、ICセンサを選択します。CJCセンサの値を1にすると、サーミスタセンサになります。
励起タイプは、電圧基準と電流基準を示します。 この入力は以下の値を受け入れます。

0電圧基準
1電流基準
温度波形は、温度単位で指定される単位で表される線形化された温度を返します。

熱電対読み取り値の変換(配列)

温度単位はVIが出力する温度の単位です。 この入力は以下の値を受け入れます。

0摂氏
1華氏
2ケルビン
3ランキン
電圧配列は、熱電対から読み取る電圧の配列です。
熱電対タイプは、B、E、J、K、R、S、T、Nが可能です。 この入力は以下の値を受け入れます。熱電対の詳細については、熱電対のユーザマニュアルを参照してください。

0B
1E
2J
3K
4R
5S
6T
7N
CJC電圧は、冷接点補償の基準電圧です。CJC電圧パラメータは、CJCセンサで指定されたように、ICセンサまたはサーミスタセンサのどちらかになります。
CJCセンサは、使用中の冷接点補償センサのタイプです。 0のCJCセンサ値は、ICセンサを選択します。CJCセンサの値を1にすると、サーミスタセンサになります。
励起タイプは、電圧基準と電流基準を示します。 この入力は以下の値を受け入れます。

0電圧基準
1電流基準
温度配列は、温度単位で指定される単位で表される線形化された温度を返します。

熱電対読み取り値の変換(スカラ)

温度単位はVIが出力する温度の単位です。 この入力は以下の値を受け入れます。

0摂氏
1華氏
2ケルビン
3ランキン
熱電対電圧は、熱電体から読み取る電圧です。
熱電対タイプは、B、E、J、K、R、S、T、Nが可能です。 この入力は以下の値を受け入れます。熱電対の詳細については、熱電対のユーザマニュアルを参照してください。

0B
1E
2J
3K
4R
5S
6T
7N
CJC電圧は、冷接点補償の基準電圧です。CJC電圧パラメータは、CJCセンサで指定されたように、ICセンサまたはサーミスタセンサのどちらかになります。
CJCセンサは、使用中の冷接点補償センサのタイプです。 0のCJCセンサ値は、ICセンサを選択します。CJCセンサの値を1にすると、サーミスタセンサになります。
励起タイプは、電圧基準と電流基準を示します。 この入力は以下の値を受け入れます。

0電圧基準
1電流基準
線形化された温度は、温度単位で指定される単位で表される線形化された温度を返します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった