GPIB通信



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

GPIB(またはGeneral Purpose Interface Bus)の計測器は、垂直市場の汎用テストアプリケーションから特殊テストアプリケーションまでベンダおよび計測器の幅広い選択範囲をテストおよび製造エンジニアに提供します。通常、GPIB計測器は手動で計測が行われるスタンドアロンベンチトップ計測器として使用されます。PCを使用してこれらの計測を自動化して、GPIBを制御することができます。

GPIB計測器を制御するには、計測器ドライバおよびVISA VIを使用します。VISA VIを使用する場合、計測器のアドレスを確認する必要があります。WindowでVISAリソース名制御器またはMAXで計測器との通信を確認して、計測器アドレスを決定します。また、計測器のコマンドセットを確認する必要があります。ほとんどの計測器では、すべての計測器に適応する単一の統合コマンドセットのSCPI(またはStandard Commands for Programmable Instrument)が使用されます。一般的な計測器コマンドおよびプロトコルの詳細は、NI Developer Zoneを参照してください。

GPIBプロトコルがデバイスをコントローラ、トーカ、リスナに分類して、どのデバイスにバスのアクティブなコントロールがあるか判断します。各デバイスには、0~30の間の固有なGPIBプライマリアドレスがあります。コントローラは、通信リンクを定義し、サービスを要求するデバイスに応答し、GPIBコマンドを送信して、バスの制御権の受け渡しを行います。コントローラは、トーカにデータをGPIBに配置することを指示します。1台のデバイスのみをトーカとして指定できます。コントローラは、リスナにGPIBからデータをリスナとして読み取るように指示します。いくつかのデバイスをリスナとして指定できます。

GPIBはデジタル24線で、8ビットパラレル、バイトシリアル、非同期データ転送方法を使用します。これは、バイト全体が転送で一番速度の遅いデバイスによって指定された速度で、バスで順番にハンドシェイクされるという意味です。GPIBのデータ単位はバイトなので、転送されるメッセージは頻繁にASCII文字の文字列としてコード化されます。GPIBデバイスのハードウェア仕様の詳細については、GPIBのドキュメントを参照してください。

HS488デバイスとコントローラで高速データレートを確立できます。HS488は、GPIBの拡張でほとんどのNIコントローラでサポートされています。

GPIBで通信する詳細については、NI Developer Zoneを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった