参照オプションページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、パス制御器の参照オプションを構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • プロンプト—ファイルダイアログボックスのタイトルとして表示されるカスタムメッセージを指定します。 (WindowsおよびMac OS X) デフォルトのダイアログボックスは開くです。(Linux) ダイアログボックスにデフォルトのタイトルはありません。また、参照オプション:プロンプトプロパティを使用して、この文字列をプログラム的に変更することもできます。
  • パターンラベルパターンに入力するカスタムパターンの隣にあるファイルダイアログボックスに表示するラベルを指定します。 このオプションは、「ファイルダイアログ」Express VIのパターンラベルパラメータに似ています。また、参照オプション:パターンラベルプロパティを使用して、このラベルをプログラム的に変更することもできます。
  • パターン—ファイルダイアログボックスに表示されるファイルを制限するために使用するパターンを指定します。 このオプションは、「ファイルダイアログ」Express VIのパターンパラメータに似ています。参照オプション:パターンで一致プロパティを使用して、このパターンをプログラム的に変更することもできます。
  • 選択モード—ダイアログボックスで選択できるファイルまたはディレクトリのタイプを設定します。 このオプションは、「ファイルダイアログ」Express VIの構成ダイアログボックスにある選択モードセクションのオプションに似ています。参照オプション:選択モードプロパティを使用して、このモードをプログラム的に変更することもできます。
    • ファイル—ユーザは1つのファイルだけを選択できます。
    • フォルダ—ユーザは1つのフォルダだけを選択できます。
    • ファイルまたはフォルダ—ファイルまたはフォルダのいずれかを選択できます。
    • 既存—ユーザは既存のファイルまたはフォルダだけを選択できます。
    • 新規—ユーザは新しいファイルまたはフォルダの名前の入力だけを行えます。
    • 新規または既存—ユーザは既存のファイルやフォルダを選択するか、新しいファイルやフォルダを作成することができます。
  • ボタンテキストキャンセルボタンの上のボタンに対してファイルダイアログボックスで表示するラベルを指定します。ラベルを指定しない場合、ボタンテキストはデフォルトのOKになります。このオプションは、「ファイルダイアログ」Express VIのボタンラベルパラメータに似ています。また、参照オプション:ボタンテキストプロパティを使用して、このテキストをプログラム的に設定することもできます。
  • llbおよびlvlibp内にあるファイルの選択を許可—LLBまたはパックライブラリからファイルを選択できるように指定します。このチェックボックスがオフの場合、LLBまたはパックライブラリを選択することは可能ですが、LLBまたはパックライブラリ内のファイルを選択することはできません。
  • 開始パス—デフォルトでファイルダイアログボックスに表示するコンテンツのディレクトリのパスを指定します。 このオプションは、「ファイルダイアログ」Express VIの開始パスパラメータに似ています。参照オプション:開始パスプロパティを使用して、プログラム的にこのパスを変更することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった