データバインディングページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、フロントパネルオブジェクトをネットワークで共有されたプロジェクト項目と、ネットワーク上のPSPデータ項目にバインドします。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • データバインディングセレクション—オブジェクトのバインディングに使用するサーバを指定します。
    • 解放—オブジェクトがネットワークで共有されたプロジェクト項目またはNI Publish-Subscribe-Protocol(PSP)データ項目にバインドされないことを指定します。
    • シェア変数エンジン (NI-PSP)(Windows)シェア変数エンジンを使用して、ネットワークで共有されたプロジェクト項目またはネットワーク上のPSPデータ項目にオブジェクトをバインドします。
    • DataSocket—DataSocketサーバを使用するか、またはWindowsではOPCサーバ、FTPサーバ、またはウェブサーバを使用して、オブジェクトをデータにバインドします。オブジェクトに対してURLを確立または保存する場合、フロントパネルのDataSocketデータバインディングを使用するのではなく、シェア変数を作成します。
  • アクセスタイプ—構成中のオブジェクトのLabVIEWアクセスタイプを指定します。
    • 読み取り専用—ネットワークで共有されたプロジェクト項目またはネットワーク上のPSPデータからオブジェクトがデータを読み取ることを指定します。
    • 書き込み専用—ネットワークで共有されたプロジェクト項目またはネットワーク上のPSPデータからオブジェクトがデータを読み取ることを指定します。
    • 読み取り/書き込み—ネットワークで共有されたプロジェクト項目またはネットワーク上のPSPデータ項目からオブジェクトがデータを読み取りし、また書き込みすることを指定します。
  • パス—構成中のシェア変数をバインドするシェア変数またはデータ項目のパスを指定します。 NI Publish-Subscribe Protocol(NI-PSP)データ項目へのパスは、コンピュータ名とデータ項目が属するプロセス名とデータ項目名(\\computer\process\data_item)から構成されます。
  • 参照—ファイルダイアログまたはソース項目を選択ダイアログボックスを表示し、シェア変数またはオブジェクトをバインドするデータ項目を参照します。データバインディングセレクションフィールドで選択された値によりこのボタンが起動するダイアログが決定されます。
  • アラームがオンの間は点滅—アラームがトリガされる際、制御器の接続表示器を点滅するかどうかを指定します。 このチェックボックスは、LabVIEW DSCモジュールが取り付けられている場合のみ表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった