データエントリページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、数値オブジェクトまたは出力のデータ範囲を設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • 現在のオブジェクト—設定するオブジェクトを指定します。
  • 範囲外の値への対応:増分—値が指定された数値範囲外の場合に、入力した数値の処理方法を設定します。 有効な値には、無視、最も近くに強制、上に強制、下に強制などがあります。
  • デフォルトの制限を使用—選択した表記法のデフォルトの最小値、最大値、増分値を設定します。このチェックボックスをオフにして、データの値の範囲を指定します。
  • 最小—データ範囲の最小値を設定します。
  • 最大—データ範囲の最大値を設定します。
  • 増分—強制の増分値を設定します。
  • ページサイズ—スクロール範囲のページサイズを設定します。スクロールボックスと矢印の間のスペースをクリックすると、ページサイズでスクロールバーの値が変更されます。 スクロールボックスの上または左の位置によってスクロールバーの値が決定します。最小が0、最大が10、ページサイズが2の場合、スクロール範囲は0~8です。スクロールバーの値を最大に設定するには、このオプションを0にします。最小が0、最大が10、ページサイズが0の場合、スクロール範囲は0~10です。このオプションを0以下に設定すると、スクロールボックスと矢印間のスペースをクリックして増加することで、増分が1のページサイズになります。

    また、ページサイズプロパティを使用して、スクロール範囲のページサイズをプログラム的に設定することもできます。
  • 範囲外の値への対応:最小—値が指定された数値範囲外の場合に、入力した数値の処理方法を設定します。 有効な値には、無視および強制が含まれます。
  • 範囲外の値への対応:最大—値が指定された数値範囲外の場合に、入力した数値の処理方法を設定します。 有効な値には、無視および強制が含まれます。
メモ  強制はフロントパネル制御器の値にのみ適用されます。ブロックダイアグラムや他のVIからの値は強制されません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった