データタイプページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、数値オブジェクトまたは出力の表記を指定して、固定小数点のデータタイプを構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • 表記法—数値データの表記法を設定します。
  • xに適応xソースの場合、このチェックボックスで表記法などの出力の設定が関数に配線する入力値に適応するかどうかを設定します。関数に固定小数点数を配線する場合、LabVIEWはデータ損失を回避するために自動的に固定小数点の構成設定を設定します(可能な場合)。データ損失が発生する可能性がない場合は、関数の出力構成ページの詳細ヘルプで丸め込みモードおよび/またはオーバーフローモードの横に[Not Needed]と表示されます。

    このチェックボックスをオフにすると、固定小数点の構成を手動で設定できるようになります。その場合、関数にデータ損失の恐れがあることを示す青い強制ドットが表示されます。
    メモ  ソースに適応チェックボックスは、出力値を入力値の構成設定に合わせて変更できない関数に対しては表示されません。たとえば、このチェックボックスは、「固定小数点に変換」関数では表示されません。
  • 固定小数点の構成—固定小数点データの構成設定を設定します。表記法固定小数点FXP)に設定して、このオプションを有効にする必要があります。これらのオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
    メモ  LabVIEWは固定小数点数の範囲を、固定小数点数のエンコーディングに指定した値に従って計算します。
    • 丸め込みモード—関数が丸め込みの状態をどのように処理するかを設定します。このオプションを有効にするには、表記法固定小数点FXP)に設定する必要があります。 以下のオプションから選択できます。
      • 切り下げ―LabVIEWは出力タイプに表記可能な最も近い値まで値を切り下げます。値の最下位ビットは破棄されます。この丸め込みモードによるパフォーマンスの影響は最低限ですが、最低の精度の値が生成されます。

        たとえば、s<x<tの場合、LabVIEWはxをsに設定します。
      • 四捨五入 - 中間値は切り上げ―LabVIEWは出力タイプに表現可能な最も近い値まで値を丸め込みます。値がそのような2つの値の中央値になる場合、LabVIEWは最下位ビットの半分の値をこの値に追加することで、2つのうちより高い値に丸め込み、次に値を切り下げます。この丸め込みモードは切り下げよりもパフォーマンスへの影響が大きいですが、より正確な出力値を生成します。

        たとえば、s<x<tの場合、xをsまたはtのうちの近い値に変換します。xがsとtの中央値になる場合、tを選択します。
      • 四捨五入-最下位ビットを特定―(デフォルト)LabVIEWは出力タイプに表記可能な最も近い値に値を丸め込みます。値が表記可能な2つの値の中央値になる場合、丸め込みが行われた後、LabVIEWは最下位ビットになる値のビットをチェックします。このビットが0の場合、LabVIEWは出力タイプで表記可能な2つの値のうち小さい値に値を丸め込みます。ビットが0以外の場合、LabVIEWは2つの値のうち高い値に値を丸め込みます。この丸め込みモードによるパフォーマンスへの影響は最大になりますが、切り下げよりも正確な出力値が生成され、複数回の四捨五入 - 中間値は切り上げを行う際に発生し得るバイアスは高い値の方向に中和されます。

        たとえば、s<x<tの場合、LabVIEWはxをsまたはtのうちより近い値にするように設定します。xがsとtの中央値で、丸め込みが行われた後の最下位ビットが0の場合、LabVIEWはsを選択します。
    • オーバーフローモード—関数がオーバーフローの状態をどのように処理するかを設定します。このオプションを有効にするには、表記法固定小数点FXP)に設定する必要があります。 以下のオプションから選択できます。
      • 切り捨て―値が指定された範囲外である場合、LabVIEWは値が範囲内になるまで、その値の上位ビットを破棄します。このオプションを選択すると、LabVIEWは指定したエンコーディング設定に基づいて範囲を再度計算します。
      • 飽和―値が範囲内にある最大値より大きい場合、LabVIEWは値を指定された最大値に強制変換します。入力値が出力タイプの範囲最小値より小さい場合、LabVIEWはその入力値を指定された最小値に強制変換します。
    • 符号化—固定小数点データに対してバイナリエンコーディング設定を設定します。これらのオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      • 符号付き—固定小数点値が符号付かどうかを設定します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      • 符号なし—固定小数点値が符号なしかどうかを設定します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      • ワード長—LabVIEWで使用される数値をすべての可能な固定小数点データの値を表すように設定します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      • 整数ワード長—すべての可能な固定小数点出力値に対して、整数ビットまたはビット数を最上位ビットに到達するまでバイナリポイントを左にシフトするように設定します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。 整数ワード長は、ワード長よりも長くまたは短くなる、正または負の数値になることが可能です。
    • 範囲—LabVIEWで計算される固定小数点データ範囲を表示します。これらのオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      メモ  これらのフィールドは倍精度浮動小数点表記であるため、最大最小Δ値の精度は固定小数点としては精密でない可能性があります。ただし、偏差値は非常に小さくなります。
      • 最小—固定小数点データ範囲の最小値を表示します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      • 最大—固定小数点データ範囲の最大値を表示します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
      • デルタ—固定小数点データ範囲内の任意の2つの連続した数値間の最大距離の最適値を表示します。このオプションは、列挙体、リング、ノブ、スライド、波形などに利用できます。
    • オーバーフローステータスを含む—固定小数点数でオーバーフローステータスを保存するようにLabVIEWを設定します。固定小数点数にオーバーフローステータスが含まれるよう構成すると、オーバーフローが発生した場合にその固定小数点がオーバーフローした結果であることを記録するための追加格納スペースが割り当てられます。 このチェックボックスをオンにすると、固定小数点を格納する数値制御器、定数、表示器にオーバーフローステータスLEDを表示できます。このLEDは、固定小数点数のオーバーフローステータスがTRUEの場合に点灯します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった