表示形式ページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、数値オブジェクトまたは出力の表示形式を設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • オブジェクト—構成しているオブジェクトのタイプを表示します。複数のフロントパネルオブジェクトを選択した場合、このオプションではオブジェクトのタイプの一覧を表示します。同じタイプのオブジェクトを一度に構成するには、一覧からタイプを選択してください。
    • 編集モード—形式と精度を編集する際、ページのデフォルト表示と形式コードのどちらを使用するかを設定します。形式コードは、形式指定子またはパーセントコードとも呼ばれ、LabVIEWでの数値の表示方法を指定します。編集モードは、このページの左下隅で選択できます。
      • デフォルト編集モード—デフォルトの編集オプションで形式と精度を編集する場合は、ページの左下にあるこのオプションを選択します。
        • タイプ—以下のコンポーネントで数値オブジェクトのタイプを選択できます。
          • 浮動小数点―浮動小数点表記の数値オブジェクトを表示します。
          • 科学―科学表記の数値オブジェクトを表示します。たとえば、浮動小数点表記の60は科学表記の6E+1に相当します。ここで、Eは10の累乗の指数を表します。
          • 自動フォーマット―データに対してLabVIEWが適切と判断した形式で数値オブジェクトを表示します。フォーマットする数値に応じて、指数関数表記または浮動小数点表記のいずれかが選択されます。
          • SI表記―国際単位(SI)の表記で数値オブジェクトを表示します。測定単位は値の後に表示されます。たとえば、浮動小数点表記の6000はSI表記の6kに相当します。
          • 10進数―10進法で数値オブジェクトを表示します。
          • 16進数―16進法で数値オブジェクトを表示します。有効な桁は0~Fです。たとえば、浮動小数点表記の60は16進法の3cに相当します。数値オブジェクトの表記法が浮動小数点の場合、このオプションは使用できません。
          • 8進数―8進法で数値オブジェクトを表示します。有効な桁は0~7です。たとえば、浮動小数点表記の60は8進法の74に相当します。数値オブジェクトの表記法が浮動小数点の場合、このオプションは使用できません。
          • バイナリ―2進法で数値オブジェクトを表示します。有効な桁は0~1です。たとえば、浮動小数点表記の60は2進法の111100に相当します。数値オブジェクトの表記法が浮動小数点の場合、このオプションは使用できません。
          • 絶対時間―数値オブジェクトをグリニッジ標準時の1904年1月1日午前12:00 [01-01-1904 00:00:00] から経過した時間で表示します。絶対時間は、タイムスタンプ制御器のみで設定できます。
          • 相対時間―タイムスタンプを、時間、分、秒、または0から始まる分と秒で表示します。たとえば、相対時間の100は0時間1分40秒と等しくなります。
        • 精度タイプ小数点以下の桁数の場合、このフィールドで小数点以下を表す桁数を指定します。精度タイプ有効桁数の場合、このフィールドには有効数字を表す桁数が含まれます。

          単精度浮動小数点数の精度タイプ有効桁数の場合は、このフィールドで1~6の数値を指定してください。倍精度および拡張精度の浮動小数点数の精度タイプ有効桁数の場合は、このフィールドで1~13の数値を指定します。このオプションは、数値オブジェクトのタイプが10進数16進数8進数、またはバイナリの場合は使用できません。
        • 精度タイプ—小数点以下の桁数と有効桁数のどちらを表示するかを設定します。 このオプションは、形式10進数16進数8進数、またはバイナリの場合は使用できません。
          • 小数点以下の桁数に指定された桁数で小数点以下の桁数を構成するように指定します。
          • 有効桁数に指定された桁数で有効数字の桁数を構成するように指定します。
        • 後に続くゼロを非表示—数字の末尾の0を削除します。 このオプションは、形式10進数16進数8進数、またはバイナリの場合は使用できません。
        • 3の倍数の指数—指数が常に3の倍数になる工学表記に変更します。 このオプションは、形式浮動小数点SI表記10進数16進数8進数、またはバイナリの場合使用できません。
        • 最小フィールド幅を使用—数値の左または右の余白をゼロまたは空白でパディングします。最小フィールド幅パディングを設定するには、このチェックボックスをオンにする必要があります。
          • 最小フィールド幅—数値をパディングする幅です。このオプションは、最小フィールド幅を使用チェックボックスをオンにした場合のみ使用できます。
          • パディング—左側または右側をスペースでパディングするか、または左側を0でパディングするかを設定します。このオプションは、最小フィールド幅を使用チェックボックスをオンにした場合のみ使用できます。
        • 時間タイプ—制御器または表示器での時間表示形式を設定します。 このオプションは、数値オブジェクトのタイプを絶対時間に指定した場合にのみ使用できます。
          • カスタム時間形式—時間形式をカスタマイズするコンポーネントを構成します。
          • システム時間形式—オペレーティングシステムの形式を使用するには、このオプションを選択します。
          • 時間を使用しない—制御器や表示器で時間を表示しないように選択します。
        • AM/PMタイプ—AM/PMで12時間表記にするか、24時間表記にするかを設定します。 これらのオプションは、時間タイプにカスタム時間形式を選択した場合にのみ有効になります。
          • AM/PM—時間を12時間単位とAM/PM表記で設定します。
          • 24時間—軸を24時間表記に設定します。
        • HMSタイプ—時間および分、または時間、分、および秒を表示するかどうかを設定します。以下のいずれかのオプションを選択できます。
          • HH:MM―時間を時間と分で表示します。
          • HH:MM:SS―時間を時間、分、秒で表示します。
            • ―秒の端数を表示する桁数を指定します。
        • —秒数の小数点の後の桁数を設定します。

          このオプションは、システム時間形式、またはカスタム時間形式HH:MM:SSを選択した場合に使用できます。
        • 日付タイプ—制御器または表示器での日付表示形式を設定します。 このオプションは、数値オブジェクトのタイプを絶対時間に指定した場合にのみ使用できます。
          • カスタム日付形式—日付形式をカスタマイズするコンポーネントを構成します。
          • システム日付形式—オペレーティングシステムの形式を使用するには、このオプションを選択します。
          • 日付を使用しない—制御器や表示器での日付の表示方法を設定します。
        • MDYタイプ—月、日、年を表示する順序を設定します。 これらのオプションは、日付タイプにカスタム日付形式を選択した場合にのみ有効になります。
          • M/D/Y—日付を月、日、年の順序で表示するよう設定します。
          • D/M/Y—日付を日、月、年の順序で表示するよう設定します。
          • Y/M/D—日付を年、月、日の順序で表示するよう設定します。
        • 年タイプ—年を2桁または4桁のどちらで表示するのかを設定します。 これらのオプションは、日付タイプにカスタム日付形式を選択した場合にのみ有効になります。
          • 年を表示しない—年を表示しないよう設定します。
          • 年を2桁で表示—年を2桁で表示するよう設定します。
          • 年を4桁で表示—年を4桁で表示するよう設定します。
      • 上級編集モード—上級編集オプションで形式と精度を編集する場合は、ページの左下にあるこのオプションを選択します。形式コード(形式指定子またはパーセントコードとも呼ばれます)によって、LabVIEWで数値を表示する方法を指定します。
        • 形式文字列—数値の形式コードを指定します。
        • 有効形式文字列の構文が有効かどうかを示します。
        • 元に戻す形式文字列の構文が正しくない場合、このボタンをクリックして形式文字列を最後の有効な構文のバージョンに戻すことができます。
        • 形式コードタイプ数値形式コードリストに表示する形式コードのタイプを設定します。
          • 数値形式コード形式文字列に使用可能な数値形式コードを表示します。
          • 相対時間形式コード形式文字列に使用可能な相対時間の形式コードを表示します。
          • 絶対時間形式コード形式文字列に使用可能な絶対時間の形式コードを表示します。
        • 形式文字列に挿入形式文字列に選択された形式コードを挿入します。また、形式コードリストの形式コードをダブルクリックして形式文字列に挿入することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった