構成ページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

フィードバックノードのプロパティダイアログボックスのこのページを使用して、フィードバックノードの実行時に構成します。 

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 遅延—値の出力を開始する前にフィードバックノードが保存するデータのサンプル数を指定します。フィードバックノードは、指定した遅延が完了するまで初期化指定値のみを出力します。そして、フィードバックノードは保存した値を一度に1つずつ順番に出力します。ノードの数字は指定した遅延を表しています。 たとえば、遅延を3と指定すると、ノードは3つのデータのサンプルを一度に保存します。
  • 有効化端子を表示—ブロックダイアグラムでフィードバックノード有効化端子を表示します。有効化端子がTRUEに設定されている場合、フィードバックノードは構成したとおりに実行されます。有効化端子がFALSEの場合、フィードバックノードは有効化端子がTRUEに設定されていた時の最後の実行または反復の値を返します。フィードバックノードは、有効化端子がTRUEに変更された後の実行または反復まで、この値を返し続けます。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。
  • 初期化フィードバックノードが初期化するタイミングを指定します。 初期化端子に初期値を配線しない場合、このオプションはフィードバックノードの現在の構成のみを表示します。初期化端子に初期値を配線し、初期化端子がループ上にない場合は、以下の2つのオプションが表示されます。
    • 最初の呼び出し—VIの最初の呼び出しで実行中にフィードバックノードを初期化します。
    • コンパイルまたはロード—VIのコンパイルまたはロード時にフィードバックノードを初期化します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった