プロットページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、波形チャート、XYグラフ、フェザープロットなどの、グラフやチャートに描くプロットの外観を構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • プロット—構成するプロットを設定します。
  • 名前—プロットの名前です。 また、プロット名プロパティを使用して、プロットにプログラム的に名前を付けることもできます。
  • ラインスタイル—プロットのラインスタイルです。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。また、ラインスタイルプロパティを使用して、ラインスタイルをプログラム的に設定することもできます。
  • 線の太さ—プロットの線の太さです。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。また、線の太さプロパティを使用して、線の太さをプログラム的に設定することもできます。
  • ポイントスタイル—プロットのポイントスタイルです。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。また、ポイントスタイルプロパティを使用して、スタイルをプログラム的に設定することもできます。
  • プロット補間—プロットの補間です。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。また、プロット補間プロパティを使用して、補間をプログラム的に指定することもできます。
  • —プロットラインの色とスタイルです。以下のオプションのいずれかを選択します。
    • ライン—プロットラインの色です。 また、プロットカラープロパティを使用して、色をプログラム的に設定することもできます。
    • ポイント/塗りつぶし—点と塗りつぶしの色です。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。また、塗りつぶし/ポイントカラープロパティを使用して、色をプログラム的に設定することもできます。
    • 塗りつぶし方向—塗りつぶしのべ-スラインを設定します。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。また、塗りつぶしプロパティを使用して、ベースラインをプログラム的に設定することもできます。
  • Yスケール—プロットに関連づけるy-スケールを設定します。 このオプションをデジタル波形グラフに使用することはできません。
  • Xスケール—プロットに関連付けるX-スケールを設定します。
  • プロット名に波形名を使用しない—ダイナミックデータまたは波形データの要素のプロット名に適応しないようにプロット凡例のプロット名を構成します。プロット名を構成して自動的にダイナミックデータまたは波形データの要素には適応するには、このチェックボックスからチェックマークを外します。 名前フィールドにプロット名を入力する場合、またはプロット名をプログラム的に変更する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスは、ダイナミックデータまたは波形データを含むグラフとチャートに対してのみ使用できます。
  • コンパス—以下のコンポーネントを選択して2Dコンパスグラフの外観を指定します。このオプションは2Dコンパスグラフにのみ使用できます。
    • サイズ—コンパスの矢印サイズを設定します。また、タブサイズプロパティを使用してタブサイズをプログラム的に設定することもできます。
    • —プロットの色を表示します。
    • 位相スケールを表示—プロット領域の周りの位相スケールを表示します。
  • フェザー—以下のコンポーネントを選択してフェザーグラフの外観を指定します。このオプションは2Dフェザーグラフにのみ使用できます。
    • サイズ—フェザーの矢印サイズを設定します。また、プロット固有:フェザーサイズプロパティを使用して矢印のサイズをプログラム的に設定することもできます。
    • —プロットの色を表示します。
  • エラーバー—以下のコンポーネントを選択して2Dエラーバーグラフの外観を指定します。このオプションは2Dエラーバーグラフにのみ使用できます。
  • エラーマーカ—以下のコンポーネントを選択してエラーマーカの外観を指定します。このオプションは2Dエラーバーグラフにのみ使用できます。
    • マーカラインスタイル—ショートカットメニューで左上から右下に表示されているエラーマーカラインスタイルを指定します。また、プロット固有:マーカラインスタイルプロパティを使用してラインスタイルをプログラム的に設定することもできます。
    • マーカ線の太さ—エラーマーカの太さを設定します。また、プロット固有:マーカ線の太さプロパティを使用してラインの幅をプログラム的に設定することもできます。
    • マーカカラー—エラーバーの線の色を設定します。また、プロット固有:マーカラインカラープロパティを使用してラインカラーをプログラム的に設定することもできます。
    • サイズ—エラーバーのシンボルサイズを設定します。また、プロット固有:エラーバーサイズプロパティを使用してシンボルサイズをプログラム的に設定することもできます。
    • エラーモード—エラーバーをY軸のみに表示するか、X軸とY軸両方に表示するかを設定します。また、プロット固有:エラーバーモードプロパティを使用してモードをプログラム的に設定することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった