スケールページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、数値オブジェクトのスケールを構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • スケールスタイル—スケール上のマークのスタイルです。
    • スケールスタイル—スケール上のマークのスタイルです。また、スタイルプロパティを使用して、スタイルをプログラム的に設定することもできます。
    • 主目盛りカラー—目盛りマークの色です。 また、目盛りカラープロパティを使用して、色をプログラム的に設定することもできます。
    • 補助目盛りカラー—補助目盛りマークの色です。 また、目盛りカラー:補助目盛りカラープロパティを使用して、色をプログラム的に設定することもできます。
    • マーカテキスト—スケールマーカテキストの色です。また、マーカカラー:テキストカラープロパティを使用して、テキストの色をプログラム的に設定することもできます。
    • 反転—スケールの最小値および最大値の位置を反転させます。また、未定義文字列を許可プロパティを使用して、未定義の文字列値をプログラム的に許可することもできます。
    • 対数—スケールを対数的にマップします。直線的にスケールをマップするには、このチェックボックスをオフにします。また、カーソルモードプロパティを使用して、どのようにカーソルをプログラム的にロックするかを設定することもできます。
    • カラーランプを表示—スケールのカラーランプを表示します。このオプションは、ノブ、ダイヤル、およびメーターで使用できます。
      • 色の補間—ランプの色のグラデーションを調整します。
  • スケール範囲—スケールの範囲です。
    • 最小—最小スケール値です。また、スクロール範囲の最大値プロパティを使用して、スクロール範囲の最大値をプログラム的に設定することもできます。
    • 最大—最大スケール値です。また、スクロール範囲の最大値プロパティを使用して、スクロール範囲の最大値をプログラム的に設定することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった