テキストラベルページ(プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、スケール付きの数値オブジェクトのテキストラベルを構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

メモ  このリストにあるコンポーネントの中には、すべてのオブジェクトに適用されないものもあります。
  • 連続的な値—各項目に対して特定の数値を割り当てる場合は、このチェックボックスからチェックマークを外します。
  • ラベルと値—フロントパネルおよび対応する値に表示されるラベルです。 スケール付きの数値オブジェクトの場合、ラベル列に制御器で選択できる項目が含まれます。列には、各項目の数値が含まれています。また、文字列と値[]プロパティを使用して、リング制御器のラベルと値をプログラム的に指定することもできます。

    コンボボックス制御器の場合、ラベル列に制御器で選択できる文字列が含まれます。列には、各文字列のブロックダイアグラム値が含まれています。また、文字列と値[]プロパティを使用して、コンボボックス制御器のラベルと値をプログラム的に指定することもできます。
  • 実行時に未定義の値を許可—制御器で定義されている項目のリストにない数値をユーザが入力できるようにします。制御器に定義された項目リストからしか値を選択できないようにするには、このチェックボックスをオフにします。 また、未定義の値を許可プロパティまたは未定義文字列を許可を使用して、未定義の数値または文字列値をプログラム的に許可することもできます。
  • スケールマーカにテキストラベルを使用—数値オブジェクトにテキストラベルを追加します。
  • 挿入—選択項目の下に新しい項目を挿入します。
  • 削除—リストから選択項目を削除します。
  • 上に移動—選択した項目をリスト内で上に移動します。
  • 下に移動—選択した項目をリスト内で下に移動します。
  • 項目/値—フロントパネルおよび対応する値に表示されるラベルです。 項目または列の値を変更するには、内容を変更したいセルをダブルクリックします。

    デフォルト値を設定するには、フロントパネルまたはブロックダイアグラム上のLabVIEWオブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューからデータ操作»現在のすべての値をデフォルト設定にするを選択します。
    • リング制御器の項目列には、この制御器でユーザが選択できる項目が含まれます。列には、各項目の数値が含まれています。また、文字列と値[]プロパティを使用して、リング制御器の項目と値をプログラム的に指定することもできます。
    • コンボボックス制御器の場合、項目列に制御器で選択可能な文字列が含まれます。列には、各文字列のブロックダイアグラム値が含まれています。また、文字列と値[]プロパティを使用して、コンボボックス制御器のラベルと値をプログラム的に指定することもできます。
    • 列挙体制御器の項目列には、この制御器でユーザが選択できる文字列が含まれます。列には、各項目の数値が含まれています。また、文字列[]プロパティを使用して、プログラム的に列挙体制御器の項目を指定することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった