リモートパネル:サーバ接続を開くメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: RP.Open Connection To Server

インストールパッケージ: 開発システム

クラス: アプリケーションメソッド

使用方法: メソッドを作成する

サーバに接続を開き、サーバコンピュータ上のVIのフロントパネルを表示します。また、フロントパネルの制御を要求できます。

このメソッドはリモートパネルに接続ダイアログボックスに似ています。

このメソッドはネットワークエラーコードを返すことができます。

サンプル

パラメータ

データタイプ名前必須説明
VI名あり接続するサーバ上のVIの名前。LabVIEWのプロジェクトの一部のVIを指定するには、VIのパスにプロジェクト名、プロジェクトライブラリ、およびターゲットを含める必要があります(適用する場合)。たとえば、ターゲットのマイ コンピュータの下のMyProject.lvprojと呼ばれるプロジェクトにMyVI.viが存在する場合、VI名をMyProject.lvproj/My Computer/MyVI.viと入力します。VIがMyLibraryというプロジェクトライブラリにある場合、MyProject.lvproj/マイ コンピュータ/MyLibrary.lvlib:MyVI.viのように、パスにプロジェクトライブラリ名も追加します。VIがプロジェクトまたはプロジェクトライブラリのどちらにもない場合は、追加情報を含めずにVI名を入力することができます。
サーバアドレスありサーバのIPアドレスまたはコンピュータ名。
サーバポートありウェブサーバがあるポート。
制御を要求いいえTRUE(デフォルト)の場合、サーバへの接続を開いた直後、クライアントはフロントパネルの制御を要求します。別のクライアントがフロントパネルを制御している場合は、サーバはその要求をキューに入れます。
安全な接続いいえ安全な接続を確立するかどうかを指定します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能いいえ

サンプル

リモートパネル:サーバ接続を開くメソッドの使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Remote PanelsディレクトリにあるRemote Panel Methods.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった