ドラッグ終了イベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器イベント

タイプ: 通知

ドラッグアンドドロップ操作が完了すると生成されます。

このイベントは、ドロップ操作が完了した後、ドラッグアンドドロップ操作が<Esc>キーによってキャンセルされた後、ドラッグソースウィンドウからフォーカスが移動された後に発生します。このイベントを他の制御器イベントと組み合わせて、ドラッグアンドドロップのカスタム動作を実装することができます。このイベントは、ドラッグ移動を実装したり、ドラッグアンドドロップ操作が完了したときに通知を表示するために使用できます。ドラッグ操作中にデータを移動し、そのデータをコピーしない場合、ドラッグ終了イベントでソースデータを削除する必要があります。

サンプル

イベントデータフィールド

名前説明
ソースイベントのソース。LabVIEWのユーザインタフェースは標準のユーザインタフェースイベントを参照します。

0LabVIEW UI
タイプマウスダウン、値変更、タイムアウトなど、発生したイベントのタイプ。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
結果ドラッグ操作の現在の状態を示します。必要に応じて、この値を使用してカーソルを更新します。

0Drop Cancel―データがどのターゲットにも受け入れられなかったことを示します。
1Drop Move―ドロップターゲットがドラッグされたデータを受け入れたことを示し、ドラッグソースでそのデータが削除されると想定します。
2Drop Copy―ドロップターゲットがドラッグされたデータを受け入れたことを示し、ドラッグソースでそのデータが維持されると想定します。

サンプル

ドラッグ終了イベントの使用サンプルは、labview\examples\Structures\Event StructureディレクトリにあるDrag and Drop - Initiating a Custom Drag VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった