ドラッグ境界外イベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器イベント

タイプ: 通知

ドラッグ操作が保留状態で、マウスがドラッグ動作を受け入れる制御器から離れるか、ユーザがドラッグアンドドロップ操作を制御器上でキャンセルしたときに生成されます。

このイベントを他の制御器イベントと組み合わせて、ドラッグアンドドロップのカスタム動作を実装することができます。このイベントは、マウスがドロップターゲットから移動した際、またはユーザがドラッグアンドドロップ操作を制御器の上でキャンセルした際に通知が必要な場合に使用します。

イベントデータフィールド

名前説明
ソースイベントのソース。LabVIEWのユーザインタフェースは標準のユーザインタフェースイベントを参照します。

0LabVIEW UI
タイプマウスダウン、値変更、タイムアウトなど、発生したイベントのタイプ。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
使用可能なデータ名このドラッグアンドドロップ操作中に使用できるデータタイプの固有名の配列。この配列を使用して、そのドロップターゲットで受け入れ可能なデータタイプがあるかどうかを決定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった