ドラッグオーバーイベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器イベント

タイプ: 通知

ドラッグアンドドロップ操作が保留状態でマウスを制御器上に移動すると生成されます。

このイベントを他の制御器イベントと組み合わせて、ドラッグアンドドロップのカスタム動作を実装することができます。このイベントは、ドロップターゲットがマウスの位置に応じてドロップデータの受け入れを許可したり禁止したりする場合に使用します。たとえば、ユーザにグラフのプロット領域のみでドロップを許可し、グラフ上のそれ以外の領域では許可したくない場合に、このイベントを使用します。

ターゲット上のマウス位置が重要でない場合は、代わりにドラッグ境界内イベントを使用できます。ドラッグ境界内イベントが一回しか発生しないのに比べ、ドラッグオーバーイベントはドラッグ動作が受け入れられたかどうかを確認するために継続的に発生するので、ターゲット上で位置を指定する必要がない場合はドラッグ境界内イベントを使用することをお勧めします。

イベントデータフィールド

名前説明
ソースイベントのソース。LabVIEWのユーザインタフェースは標準のユーザインタフェースイベントを参照します。

0LabVIEW UI
タイプマウスダウン、値変更、タイムアウトなど、発生したイベントのタイプ。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
座標イベント発生時にマウスをクリックする位置の座標。座標は、クラスタを除いて、ドロップターゲットのペーンの原点に相対します。
ボタンクリックしたボタンに応じた値。左のボタンは1、右ボタンは2です。2以上のボタンのあるマウスの場合、オペレーティングシステムはより大きい番号を割り当てる場合があります。フィルタイベントでは、このイベントデータフィールドから返されたデータを修正することもできます。
修正子プラットフォーム非依存修正子を含むブール値のクラスタ。LabVIEWは、すべてのプラットフォーム依存修正子をプラットフォーム修正子イベントデータフィールドに返します。キーイベントでは、このイベントはその数値キーでイベントが発生したかどうかを示すブール値を返します。マウスイベントでは、このイベントはイベントがダブルクリックであったかどうかを示すブール値を返します。両方のイベントでは、イベントが発生した際、Windowsの場合は<Ctrl>、Mac OS Xの場合は<Option>など、プラットフォームに依存しないメニューキーが押された場合、ブール値が返されます。フィルタイベントでは、このイベントデータフィールドから返されたデータを修正することもできます。
プラットフォーム修正子プラットフォーム依存修正子を含むブール値のクラスタ。イベントが発生した際、<Ctrl>、<Shift>、<Alt>、<Command>、<Option>などのプラットフォーム依存キーが押されていたかどうかを指定します。フィルタイベントでは、このイベントデータフィールドから返されたデータを修正することもできます。キーはModおよびPlatModの両方を使用することができます。たとえば、<Ctrl>はWindowsでプラットフォームに依存しないメニューキーですが、プラットフォームに依存するプログラミングに使用することも可能です。
使用可能なデータ名このドラッグアンドドロップ操作中に使用できるデータタイプの固有名の配列。この配列を使用して、そのドロップターゲットで受け入れ可能なデータタイプがあるかどうかを決定します。
受け入れる?この時点でドロップが発生した場合、ドロップターゲットが行う動作をドラッグソースにレポートします。ターゲットがドロップを受け入れる場合はTRUE、受け入れない場合はFALSEです。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった