ショートカットメニュー選択?(アプリ)イベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器イベント

タイプ: フィルタ

ショートカットメニューメニューからアプリケーション項目を選択すると発生します。このイベントは、LabVIEWによってアプリケーション項目が処理される前にポストされます。

イベントデータフィールド

名前説明
ソースイベントのソース。LabVIEWのユーザインタフェースは標準のユーザインタフェースイベントを参照します。

0LabVIEW UI
タイプマウスダウン、値変更、タイムアウトなど、発生したイベントのタイプ。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
項目タグAPP_SC_COPY_DATAなど、ユーザが選択したLabVIEWショートカットメニュー項目の名前。
項目パスAPP_SC_VISIBLE_ITEMS:APP_SC_SCALE_LEGENDなど、ユーザが選択したLabVIEWショートカットメニュー項目のパス。
制御器Refイベントが発生した制御器のリファレンス。
サブオブジェクトイベントが発生したオブジェクトへのリファレンス。たとえば、ユーザが複数の制御器を含むクラスタを右クリックすると、クラスタがショートカットメニュー項目を追加した場合でもサブオブジェクトはクラスタ内の制御器である可能性があります。
破棄?イベントによって通常トリガされる動作を省略することで、LabVIEWによるイベント処理を回避することができます。デフォルトはFALSEです。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった