位置プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Position

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: Gオブジェクトプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

左および上の座標に関連したフロントパネルウィンドウのオブジェトの外接長方形の左上隅の位置を示します。

オブジェクトの枠はオブジェクトの表示部分をすべて含みます。たとえば、オブジェクトラベルが表示され、上の座標をこのプロパティに配線すると、LabVIEWはラベルの上部を配線した座標の位置に配置します。オブジェクトラベルが表示されていない場合、LabVIEWはオブジェクトの残りの表示部分を配線した座標の位置に配置します。

メモ   VIを作成するとこのプロパティの基点が設定されます。所有ペーンをスクロールすると、原点は変更されず所有ペーンと共にスクロールされます。オブジェクトを移動しない場合、このプロパティはペーンをスクロールしするしないに関係なくオブジェクトに対して同じ座標を返します。このプロパティと原点プロパティを使用して、所有ペーンと相対する現在のオブジェクトの位置を計算します。ほとんどのフロントパネルのオブジェクトでは、このプロパティはペーンの原点に対するオブジェクトの位置を返します。ペーンでは、このプロパティはグローバルパネル座標系に対するペーンの位置を返します。

他のオブジェクトとグループ化されているオブジェクトの位置を再度変更しようとすると、LabVIEWはグループ全体ではなく指定するオブジェクトのみ配置し直します。

要素

位置:左

位置:上

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった