ネットワークストリームエンドポイントプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ
プロパティ 説明
読み取り可能な要素 ストリームの読み取り可能な要素の数を返します。このプロパティを書き込みエンドポイントで呼び出すと、エラーが発生します。 詳細
書き込み可能な要素 ストリームに書き込める要素の数を返します。このプロパティを読み取りエンドポイントで呼び出すと、エラーが発生します。 詳細
バッファサイズ ストリーム作成時に指定されたバッファのサイズを要素数で返します。 詳細
接続 ローカルホストからエンドポイント間の接続が報告された場合は、TRUEを返します。ローカルホストからエンドポイント間の接続が報告されなかった場合は、FALSEを返します。このプロパティは、リモートエンドポイントと交信して、実際のネットワーク接続の状態を確認するわけではありません。 詳細
データタイプ エンドポイントのデータタイプを返します。 詳細
名前 エンドポイントの名前を返します。 詳細
切断の数 エンドポイント間の切断の数を返します。 詳細
読み取り可能 このプロパティを使用するエンドポイントが読み取りエンドポイントの場合、TRUEを返します。 詳細
リモートエンドポイント破棄 リモートエンドポイントが破棄されている場合、TRUEを返します。リモートエンドポイントがアクティブな場合はFALSEを返します。 詳細
読み取られた要素の合計 読み取りエンドポイントがストリームから読み取った要素の数を返します。 詳細
書き込まれた要素の合計 書き込みエンドポイントがストリームに書き込んだ要素の数を返します。 詳細
URL エンドポイントのURLを返します。このプロパティを使用すると、URLのホスト名コンポーネントはデフォルト値であるlocalhostとなります。 詳細
書き込み可能 このプロパティを使用するエンドポイントが書き込みエンドポイントの場合、TRUEを返します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった