ズーム係数プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: ZoomFactor

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ピクチャプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

ピクチャ制御器および表示器の画像をスケールする係数です。

たとえば、画像サイズを元のサイズの50%に縮小するには、このプロパティへ値0.5を配線します。画像サイズを元のサイズの200%に拡大するには、このプロパティへ値2を配線します。

このプロパティへ配線する値は0以上である必要があります。

ズーム係数を変更して、LabVIEWがピクチャ制御器または表示器の描画領域外に画像の一部を描画する場合、水平スクロールバー表示垂直スクロールバー表示プロパティを使用してピクチャ制御器または表示器のスクロールバーを表示します。

サンプル

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり

サンプル

ズーム係数プロパティの使用サンプルは、labview\examples\Graphics and Sound\2D Picture ControlディレクトリにあるZoom Attribute VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった