フロントパネルウィンドウ:状態プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: FP.State

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VIプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

フロントパネルウィンドウの現在の状態を示します。

StandardとMaximizedは、フロントパネルウィンドウの表示状態を示します。

開いていないフロントパネルウィンドウに対してこのプロパティを設定しようとすると、プロパティはエラーを返します。

サブパネル制御器にVIをロードする場合、このプロパティは読み取り専用となり、常にHiddenという値を返します。

フロントパネル:開くメソッドを使用して、フロントパネルウィンドウ表示時のウィンドウの状態を設定することもできます。

サンプル

0Invalid―このプロパティを読み取り、エラーが発生する場合、プロパティはこの値を返します。プロパティをこの値に設定すると、エラーが返されます。
1Standard―フロントパネルウィンドウは開いていますが、最小化、最大化、非表示されていません。
2Closed―フロントパネルウィンドウは開いていません。プロパティをこの値に設定すると、エラーが返されます。
3Hidden―フロントパネルウィンドウは非表示です。プロパティをこの値にして、フロントパネルへのすべてのリファレンスを閉じると、ウィンドウは引き続き非表示のまま開いた状態になります。VIが開いているためスタートアップウィンドウは表示されません。この問題を解決するには、オペレーティングシステムからVIを開きます。たとえば、WindowsエクスプローラでVIをダブルクリックしてVIを開きます。
4Minimized―フロントパネルウィンドウが最小化されています。
5Maximized―フロントパネルウィンドウが最大化されています。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機いいえ
制御VIで使用可能あり
グローバルVIで使用可能あり
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能あり

サンプル

フロントパネルウィンドウ:状態プロパティの使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Server\VI PropertiesディレクトリにあるVI Properties - Front Panel States VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった