フロントパネルウィンドウ:ウィンドウの境界プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: FP.WinBounds

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VIプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

クラスタの4つの要素は、内部領域、スクロールバー、タイトルバー、メニューバー、およびツールバーを含むフロントパネルウィンドウの上、左、下、右の値です。これらはグローバルスクリーン座標にあり、数値は(開いているウィンドウではなく)コンピュータモニタの画面内に表示される座標を示します。

このプロパティは、フロントパネルが開いているVIにのみ設定することができます。このプロパティを設定するVIをユーザには表示しない場合は、フロントパネルウィンドウ:状態プロパティをHidden状態にして、VIのフロントパネルを非表示にします。

このプロパティを読み取ると、LabVIEWはVIのウィンドウ境界を返します。VIのフロントパネルが開いていない場合、LabVIEWは最後に保存した位置でVIのウィンドウの境界を返します。

サブパネル制御器にVIをロードする場合、このプロパティは読み取り専用です。

要素

名前 説明
グローバルスクリーン座標で、フロントパネルウィンドウの左端の水平座標です。
グローバルスクリーン座標で、フロントパネルウィンドウの上端の垂直座標です。
グローバルスクリーン座標で、フロントパネルウィンドウの右端の水平座標です。
グローバルスクリーン座標で、フロントパネルウィンドウの下端の垂直座標です。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機いいえ
制御VIで使用可能あり
グローバルVIで使用可能あり
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった