波形VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

波形VIおよび関数を使用して、波形値、チャンネル情報、およびタイミング情報を含む波形を作成します。また、波形属性と波形要素の設定や回収も行います。

このパレットにあるVIおよび関数は、波形のエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
Δtをスケール指定されたスケール係数に波形のΔtのコンポーネントを乗算します。一般に、これにより波形のサンプルレートが増加または低下します。波形入力の入力に配線するデータタイプとアナログ波形のYのコンポーネントのデータタイプにより、使用する多態性のインスタンスが決まります。
XY値を取得波形のXとYの値、またはデジタルデータセットを返します。波形入力の入力に配線するデータタイプとアナログ波形のYのコンポーネントのデータタイプにより、使用する多態性のインスタンスが決まります。
アナログからデジタルに変換アナログ波形をデジタル波形またはデジタルデータに変更します。使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。
デジタルからアナログに変換デジタル波形またはデジタルデータをアナログ波形に変更します。使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。
最終時間値を取得波形入力の終了時間の値を返します。使用する式は、xf = x0 + 波形入力の持続時間です。波形入力入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。
指標波形配列配列指標またはチャンネル名によって、アナログ波形またはデジタル波形の配列から1つの波形を選択します。波形配列指標の入力に配線するデータタイプおよびアナログ波形のYのコンポーネントのデータタイプにより、使用する多態性のインスタンスが決まります。
波形dtをコピーすべてのdt値を波形入力内の指標位置にある波形のdt値に置換します。波形入力に配線するデータタイプとアナログ波形のYのコンポーネントのデータタイプにより、使用する多態性のインスタンスが決まります。
波形タイムスタンプアライメント波形入力にあるすべてのタイムスタンプ値(t0)を配列内の指標要素の値に置換します。波形入力に配線するデータタイプとアナログ波形のYのコンポーネントのデータタイプにより、使用する多態性のインスタンスが決まります。
波形持続時間持続時間 = (#サンプル-1) × dxの式に従って、波形入力持続時間を計算します。波形入力入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。
波形時間配列を取得波形タイムスタンプの配列を作成します。配列内の各要素は、波形の各データ値のタイムスタンプです。波形入力入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。
波形属性取得すべての属性名前、または名前パラメータで指定した属性のを取得します。
波形属性設定波形属性を追加または置換します。属性には任意のデータタイプを使用できます。
波形要素取得(アナログ波形)指定したアナログ波形を返します。出力端子の中央をクリックして必要なコンポーネントを選択することで、コンポーネントを指定します。
部分波形を取得指定された時刻または指標での波形のサブセットを取り出します。使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。


サブパレット説明
アナログ波形VIおよび関数アナログ波形VIを使用して、波形に対して算術関数と比較関数を実行します。
デジタル波形VIおよび関数デジタル波形VIおよび関数を使用して、デジタル波形とデジタルデータで操作を実行します。
波形ファイルI/O VI波形ファイルI/O VIを使用して、波形データのファイルへ書き込みや、ファイルからの読み取りを行います。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった