タイプをアサートノード

1つ上のパレット: 比較関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

タイプをアサートノードを使用すると、特定のデータタイプ用に順応性VI (.vim) のコードの一部をカスタマイズしたり、順応性VIが特定の条件を満たすデータタイプのみを受け入れるようにできます。

メモ  これはFPGA固有のパレットで、ホストVIの編集時にこのパレットに表示されるVIや関数のサブセットが含まれています。

タイミングループとの互換性、用途、タイミング、このパレットのオブジェクトのリソースに関する注意事項は、タイプをアサートパレットの詳細トピックを参照してください。

パレットオブジェクト説明
ストラクチャタイプの一致をアサートタイプ定義およびタイプ名を無視し、2つの入力データタイプが同じでない場合に発呼者VIを壊します。
タイプ特化ストラクチャ1つまたは複数のサブダイアグラムがあり、そのサブダイアグラムの順序およびコンパイル結果に基づいて、LabVIEWがそのうち1つのみをコンパイルして実行します。 LabVIEWは、構文エラーのあるサブダイアグラムの順序を下げます。 LabVIEWは、構文エラーのない最初のサブダイアグラムを受け入れ、その他のサブダイアグラムを無視します。 すべてのサブダイアグラムに構文エラーがある場合、このストラクチャは最後のサブダイアグラムを受け入れます。

このストラクチャを使用すると、特定のデータタイプに対して順応性VI (.vim) のコードの一部をカスタマイズできます。 また、このストラクチャをアサートタイプVIおよび関数と併せて使用し、順応性VIが許容可能なデータタイプの一部のみを受け入れるようにもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった