クラスタ&クラスパレットの詳細 (FPGAモジュール)

このトピックには、クラスタ&クラス関数パレットのオブジェクトに関するFPGA固有の情報が記載されています。

メモ  このトピックの情報は、LabVIEW FPGAモジュールのバージョンによって内容が異なる可能性があります。

以下は、「より特定のクラスに変換」、「より一般的なクラスに変換」、「親メソッド呼び出し」、および「クラスタから配列に変換」関数を除くすべてのクラスタ&クラス関数に適用されます。

シングルサイクルタイミングループ サポートあり
使用 N/A
タイミング クラスタ&クラス関数は、内部レジスタを持たないため実行クロックサイクルを必要としません。
リソース クラスタ&クラス関数は単なる配線操作であるため、FPGAリソースを必要としません。

以下は、「より特定のクラスに変換」および「より一般的なクラスに変換」関数に適用されます。

シングルサイクルタイミングループ サポートあり
使用 N/A
タイミング このクラスタ&クラス関数は、内部レジスタを持たないため実行クロックサイクルを必要としません。
リソース LabVIEWはFPGA VIをコンパイルする前に実際のクラスを決定し、スタティックリファレンスを作成するため、このクラスタ&クラス関数はFPGAリソースを必要としません。

クラスタから配列に変換

以下の説明は「クラスタから配列に変換」関数に適用されます。

シングルサイクルタイミングループ サポートあり
使用 LabVIEW FPGAモジュールでは、1次元の固定サイズ配列のみがサポートされています。この関数から固定サイズの配列を出力するには、VIプロパティダイアログボックスでカテゴリプルダウンメニューから実行を選択し、配列と文字列を事前に自動割り当てチェックボックスをオンにします。
タイミング この関数は、内部レジスタを持たないため実行クロックサイクルは必要ありません。
リソース この関数は単なる配線操作であるため、FPGAリソースを必要としません。

親メソッド呼び出し

「親メソッド呼び出し」関数の実装の詳細は、この関数が呼び出すクラスメソッドにより異なります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった