配列関数

1つ上のパレット: FPGAモジュールVIおよび関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

配列関数を使用して、配列を作成し操作します。 LabVIEW FPGAモジュールは、コンパイル時に固定サイズに決定される1次元配列のみをサポートしています。

メモ  これはFPGA固有のパレットで、ホストVIの編集時にこのパレットに表示されるVIや関数のサブセットが含まれています。

タイミングループとの互換性、用途、タイミング、このパレットのオブジェクトのリソースに関する注意事項は、配列パレットの詳細のトピックを参照してください。

パレットオブジェクト説明
1D配列回転配列の要素をnで示される場所の数と方向に回転させます。
1D配列反転配列要素の順序を反転させます。配列のタイプは任意です。
1D配列分割配列指標で分割し、第2部分配列指標の要素を含む2つの部分を返します。
インタリーブ1D配列入力配列から対応する要素を単一の出力配列にインタリーブします。
クラスタから配列に変換同じデータタイプの要素で構成されるクラスタを、同じデータタイプの要素で構成される1D配列に変換します。
デシメート1D配列配列の要素を出力配列に分割して、要素を出力に連続的に配置します。 出力配列の長さを変更させる要素は破棄されます。
指標配列n次元配列指標にある要素または部分配列を返します。
配列からクラスタに変換1D配列を配列要素と同じタイプの要素のクラスタに変換します。 関数を右クリックして、ショートカットメニューからクラスタサイズを選択して、クラスタの要素数を設定します。
配列から削除n次元配列指標要素から長さ分の要素または部分配列を削除します。 部分配列削除後の配列には編集後の配列が返され、削除部分には削除された要素または部分配列が返されます。
配列サイズ配列の各次元の要素数を返します。
配列次元変更次元サイズ 0..m-1の値に基づいて配列の次元を変更します。
配列初期化すべての要素が要素の値に初期化されたn次元の配列を作成します。
配列定数この定数を使用して、ブロックダイアグラムに配列定数の値を提供します。
配列要素挿入要素または部分配列をn次元配列指標で指定した位置に挿入します。
配列連結追加複数の配列を連結、またはn次元配列に要素を追加します。
部分配列指標から始まり長さ分の要素数を含む配列の一部を返します。
部分配列置換指標で指定した配列内の要素、または配列を別の要素に置換します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった