FPGA I/O関数

1つ上のパレット: FPGAモジュールVIおよび関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

FPGAターゲットに対する操作を行うには、FPGA I/O関数を使用します。

メモ  これはFPGAターゲット固有のパレットです。

このパレットのVIと関数は、LabVIEWの一般エラーコード、特定のFPGAモジュールエラーコード、FPGAターゲット固有のエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
FPGA I/OノードFPGAターゲットで特定のFPGA I/O操作を実行します。 FPGA I/Oノードは、1つまたは複数のFPGA I/O項目で構成できます。
FPGA I/OプロパティノードプロジェクトエクスプローラウィンドウのCシリーズモジュールなどのFPGAターゲットで、I/O項目またはハードウエアの1つまたは複数のプロパティを取得または設定します。 FPGAターゲットでプロパティの設定や取得ができる場合もあります。 使用できるプロパティは、FPGAターゲットの種類またはCシリーズモジュールとI/Oリソースによって異なります。
FPGA I/OメソッドノードプロジェクトエクスプローラウィンドウのCシリーズモジュールなどのFPGAターゲットで、I/O項目またはハードウェア上のメソッドをインボークします。 FPGAターゲット自身でメソッドのインボークができる場合もあります。 使用可能なメソッドは、FPGAターゲットおよびFPGA I/O項目、選択するCシリーズモジュールなどにより異なります。
FPGA I/O定数ブロックダイアグラムのFPGA I/O項目を指定するには、FPGA I/O定数を使用します。


サブパレット説明
ユーザ制御I/Oサンプル関数FPGA I/O関数よりも、さらに細かいI/Oハードウェア制御を行うには、ユーザ制御I/Oサンプル関数を使用します。
通信プロトコル関数LabVIEWツールネットワーク (ni.com/labview-tools-network) から使用できる通信プロトコルIPにアクセスするには、通信プロトコル関数を使用します。 通信プロトコル関数はそれぞれIPに対応しています。 このIPを使用して、I2C (Inter-Integrated Circuit)やSPI (Serial Peripheral Interface) などのさまざまな通信プロトコル経由でマスタとスレーブ間を通信します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった