FIFOメソッドノード

1つ上のパレット: データストレージ&転送関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

FPGA VIにFIFOメソッドを呼び出します。 メソッドを指定する前に、まずFIFOを指定する必要があります。 使用できるメソッドは、FPGAターゲットとFIFOのタイプに応じて異なります。

使用可能なFIFOメソッドの情報については、各FPGAターゲットのハードウェアドキュメントを参照してください。

詳細  

FIFO入力はFIFOを指定します。 FIFO入力には、FIFO制御器FIFO定数VI定義FIFO構成ノード、またはその他のFIFOメソッドノードのFIFO出力端子を配線できます。
FIFO出力は、FIFO入力が配線されている場合、FIFO入力をそのまま返します。 配線されていない場合は、FIFO出力はFIFOメソッドノードで指定したFIFOを返します。

FIFOメソッドノードの詳細

FIFOメソッドノードを使用するには、まずFIFOを作成する必要があります。 FIFOを作成したら、FIFOメソッドノードをブロックダイアグラムに追加し、ノードを右クリックして、FIFOを選択ショートカットメニューからFIFOを選択します。 FIFOがVI定義のFIFOでない限り、プロジェクトエクスプローラウィンドウからFIFOをブロックダイアグラムにドラッグして、ブロックダイアグラム上に構成済みのFIFOメソッドを配置することもできます。

FIFOをFIFO入力に配線する場合、LabVIEWはこのFIFOメソッドノードの名前をFIFO項目に変更し、ノードがプロジェクトでFIFOと関連付けられていることを示します。 FIFO入力が配線されていない場合は、FIFOメソッドノードをクリックしてショートカットメニューからプロジェクト内の項目を検索を選択して、プロジェクトエクスプローラウィンドウでFIFOをハイライト表示することもできます。

インタフェースを選択する

読み取り/書き込みメソッドをインボークするFIFOメソッドノードを右クリックしてインタフェース→タイムアウトを選択するか、ショートカットメニューでインタフェース→ハンドシェイクを使用することによって、タイムアウトとハンドシェイクのインタフェースの中からどちらかを選択することができます。

デフォルトでは、FIFOメソッドはタイムアウトインタフェースを使用します。タイムアウトインタフェースでは、メソッドがタイムアウトを返す前に、操作が完了するのを待機する時間をクロックティック数で指定することができます。 タイムアウトインタフェースを使用すると、応答のないデバイスまたはコードのセクションに対応することができるようになります。 ただし、シングルサイクルタイミングループ内で読み取りメソッドや書き込みメソッドを使用する場合は、ハンドシェイクインタフェースを有効にして、高スループットアプリケーションにおける先行ノードと後続ノード間の通信を促すことができます。 ハンドシェイクインタフェースは、ハンドシェイクプロトコルを実装するのに必要な論理の量を減らします。

メモ ハンドシェイクインタフェースは、読み取りメソッドまたは書き込みメソッドをインボークするFIFOのシングルサイクルタイミングループ内でのみ使用可能です。 さらに、ピアツーピアとDMA FIFOには、ハンドシェイクインタフェースがサポートされていないターゲットもあります。 ハンドシェイクインタフェースがサポートされていないFIFOでは、コンパイル時エラーが返されます。

エラー処理端子を表示する

エラーが発生すると、誤ったデータがFPGA I/Oノードに返される場合があります。 受信データが有効かどうかを確認するには、エラー端子を追加します。 エラー端子を追加して、FIFOメソッドノードをデータフローに配置することもできます。 LabVIEW標準のエラー入力パラメータとエラー出力パラメータを関数に追加するには、FIFOメソッドノードを右クリックしてショートカットメニューからエラー端子を表示を選択します。

メモ エラー入力パラメータとエラー出力パラメータを追加すると、関数によってより多くのFPGAターゲットのスペースが占有されます。 エラー入力パラメータとエラー出力パラメータによって、FPGAターゲットの実行が遅くなる可能性もあります。

エラー端子を使用せずにデータフローでFIFOメソッドノードを使用するには、フラットシーケンスまたはスタックシーケンスストラクチャにノードを追加します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった