FIFO関数

1つ上のパレット: 同期関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

FPGA VIでFIFOを使用して1つのループから別のループ (シングルサイクルタイミングループなど) にデータを送信するには、FIFOメソッドノードを読み取りおよび書き込みメソッドと使用します。 DMA FIFOを使用して、書き込みメソッドでホストVIにデータを送信することもできます。

メモ  これはFPGA固有のパレットで、ホストVIの編集時にこのパレットに表示されるVIや関数のサブセットが含まれています。

このパレットのVIと関数は、LabVIEWの一般エラーコード、特定のFPGAモジュールエラーコード、FPGAターゲット固有のエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
FIFOメソッドノードFPGA VIにFIFOメソッドを呼び出します。 メソッドを指定する前に、まずFIFOを指定する必要があります。 使用できるメソッドは、FPGAターゲットとFIFOのタイプに応じて異なります。
FIFO定数ブロックダイアグラムでFIFOを指定するには、FIFO項目を使用します。
VI定義FIFO構成VI定義FIFOを表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義FIFOを構成します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった