FPGA I/Oノード

1つ上のパレット: FPGA I/O関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

FPGAターゲットで特定のFPGA I/O操作を実行します。 FPGA I/Oノードは、1つまたは複数のFPGA I/O項目で構成できます。

FPGAプロパティノードにFPGA I/O項目を追加するには、I/O項目セクションを右クリックしてショートカットメニューから要素を追加を選択します。 FPGA I/Oノードは、上端または下端を位置決めツールでドラッグして拡張または縮小できます。

詳細  

FPGA I/O入力は、FPGA I/O制御器または定数を使用して、読み書きを行うFPGA I/O項目を指定することを可能にするオプションの入力です。 FPGA I/O制御器をコネクタペーンの入力として使用するには、FPGA VIが再入実行に構成されている必要があります。
FPGA I/O出力は、ノードで操作対象となったFPGA I/O項目を返します。
I/O項目は指定されたFPGA I/O項目から読み書きされたデータです。 読み取り操作をサポートするFPGA I/O項目では、このパラメータのデフォルトは表示器です。 読み取り操作をサポートしないI/O項目では、このパラメータのデフォルトは制御器です。 読み取りの両方の操作をサポートするFPGA I/O項目では、制御器と表示器の両方をこのパラメータに指定できます。 ノードで要素を右クリックし、書き込みに変更または読み取りに変更を選択すると、このパラメータは制御器または表示器にそれぞれ変更します。

値をFPGA I/O入力に配線せずにノードで要素を選択すると、このパラメータ名は指定するFPGA I/O項目と同じ名前に変更します。

FPGA I/Oノードの詳細

FPGA I/Oノードの要素セクションを右クリックして、ショートカットメニューからFPGA I/Oを選択を選択すると、プロジェクトエクスプローラウィンドウで、現在編集中のFPGA VIと同じFPGAターゲットの下にあるFPGA I/O項目が表示されます。 または、要素セクションを右クリックして新規FPGA I/Oを追加を選択すると、FPGAターゲットの下に新しいFPGA I/O項目が追加されます。

デジタル入力/出力 (DIO) リソースは、読み取り操作と書込み操作の両方を行えます。 FPGA I/O項目の操作を変更するには、要素を右クリックしてショートカットメニューから読み取りに変更または書き込みに変更を選択します。 デジタル入力/出力リソースの方向を変更するには、FPGA I/Oメソッドノードを出力有効化を設定メソッドと共に使用します。

I/Oノードを複数のI/O項目で構成すると、各I/O項目にFPGA I/O入力FPGA I/O出力I/O項目パラメータが表示されます。 I/Oノードを複数のI/O項目で構成した場合、I/O項目の実行時間は使用するハードウェアデバイスとI/O項目によって異なります。 FPGA I/O操作には、並列実行されるものもあれば、シーケンス的に実行されるものもあります。

ヒント プロジェクトエクスプローラウィンドウでI/O項目をハイライト表示するには、FPGA I/Oメソッドノードの要素を右クリックし、ショートカットメニューからプロジェクト内の項目を検索を選択します。

エラー処理の詳細

LabVIEW標準のエラー入力パラメータとエラー出力パラメータを関数に追加するには、ブロックダイアグラムでFPGA I/Oノードを右クリックして、ショートカットメニューからエラー端子を表示を選択します。 エラーが発生すると、誤ったデータがFPGA I/Oノードに返される場合があります。 受信データが有効かどうかを確認するには、エラー端子を追加します。 エラー通知の方法は、FPGAターゲットによって異なる場合があります。 個々のFPGAターゲットでのエラー通知の詳細については、それぞれのハードウェアのドキュメントを参照してください。

メモ エラー入力パラメータとエラー出力パラメータを追加すると、関数によってより多くのFPGAターゲットのスペースが占有されます。 エラー入力パラメータとエラー出力パラメータによって、FPGAターゲットの実行が遅くなる可能性もあります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった