FPGA数学&解析VIおよび関数

1つ上のパレット: FPGAモジュールVIおよび関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

FPGA VIで数学的演算、解析、制御操作を行うには、FPGA数学&解析VIおよび関数を使用します。

メモ  これはFPGAターゲット固有のパレットです。

その他のFPGA関数やサンプルIPについては、IPNetを参照して下さい。

パレットオブジェクト説明
DC/RMS測定入力信号のDC (平均)、RMSの値を計算します。 また、FPGAリソースを節約するために、このExpress VIで合計、二乗平均、二乗和の中間値を計算することもできます。 このExpress VIは、データフレームの受信、入力データでの測定、および各フレームで有効な1つの結果の返信を実行します。
FFT高速フーリエ変換 (FFT) を計算します。 シングルチャンネル、1サンプル入力形式は、FFTをポイントごとに計算します。 シングルチャンネル、複数サンプル入力形式を使用すると、複数のサンプル/サイクルを使用して、データストリームに対するFFT解析を実行できます。
Z変換遅延ノードVI実行またはループ反復のデータを次の実行または反復に格納します。 このノードは、z変換表示のフィードバックノードです。
アナログ周期測定均等にサンプリングされた周期的信号の周期を、しきい値交差検出を使用して計算します。 このExpress VIは、データフレームの受信、入力データでの測定、および各フレームで有効な1つの結果の返信を実行します。
スケールされた窓切り捨てられた波形に関連するスペクトル漏れを最小化します。 このExpress VIは、LabVIEWオブジェクトで窓処理された波形の累乗または振幅スペクトルを計算する際にすべての窓が出力波長の確度制約の範囲内で同じレベルとなるように、窓処理された時間領域信号をスケールします。
ノッチフィルタ2次IIRノッチフィルタを使用して、1つまたは複数の入力信号の特定の周波数帯域を減衰します。
バタワースフィルタローパス/ハイパスIIRバタワースフィルタを使用して、1つまたは複数の入力信号をフィルタします。
平均、分散、標準偏差入力信号の平均、分散、および/または標準偏差を計算します。 このExpress VIは、データフレームの受信、入力データでの測定、および各フレームで有効な1つの結果の返信を実行します。
有理リサンプル有理サンプルフィルタとして作用し、入力サンプルレートをL/M係数 (Lは補間係数、Mはデシメーション係数) でアップデートします。


サブパレット説明
NI Floating-Point Library浮動小数点数学演算関数のライブラリをダウンロード可能な、ni.comLabVIEWツールネットワークにリダイレクトします。 FPGAアプリケーションのこれらの関数を使用して、シングルサイクルタイミングループ外でのリソース使用量を最小限に抑えたり、40 MHzシングルサイクルタイミングループ内でタイミングパフォーマンスを最適化することができます。
ユーティリティVIFPGA VIのユーティリティVIは、ブール入力の状態変化の検出や、ゼロ交差の検出、入力値の遅延、信号の有効範囲の制限、線形補間の実行など、さまざまなタスクに使用できます。
高スループット数学関数FPGAターゲットで固定小数点数学および解析を行う際に高スループットレートを得るためには、高スループット数学関数を使用します。
制御VIFPGAターゲットの制御アプリケーションを作成するには、FPGA VIで制御VIを使用します。
生成VI信号を生成するには、FPGA VIの生成VIを使用します。
線形代数関数線形代数関数を使用して、RFアプリケーションなどの高速および高スループットFPGAアプリケーションでベクトル/行列演算を実行します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった