メモリメソッドノード

1つ上のパレット: データストレージ&転送関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

FPGAのメモリブロックでメモリをインボークします。 使用可能なメソッドは、構成するメモリのタイプにより異なります。

メソッドを指定する前に、まずメモリ項目を指定する必要があります。

ブロックメモリまたはルックアップテーブルとして実装されたメモリに対し、以下のメモリメソッドをインボークすることができます。

書き込み読み取り

DRAMとして実装されたメモリに対し、以下のメモリメソッドをインボークすることができます。

書き込みデータを要求データを取得
メモ 2つの読み取りインタフェースを持つようにメモリを構成する場合、読み取りメソッドにはノードがアクセスするインタフェースを示すラベルの[A]または[B]が含まれます。

詳細  

メモリ入力は、メモリのリファレンスを指定します。 メモリ入力には、メモリ制御器メモリ定数VI定義メモリ構成ノード、その他のメモリメソッドノードを配線できます。
メモリ出力は、メモリ入力が配線されている場合はメモリ入力を返します。 配線されていない場合は、メモリ出力はメモリメソッドノードで指定したFIFOを返します。

メモリメソッドノードの詳細

メモリメソッドノードを使用するには、まずメモリ項目を作成する必要があります。 メモリ項目は、プロジェクトエクスプローラウィンドウで、またはVI定義メモリ構成ノードを使用して作成できます。 続いて、メモリメソッドノードを右クリックしてメモリを選択ショートカットメニューからメモリ項目を選択します。

メモリ項目をメモリ入力に配線する場合、LabVIEWはこのノードの名前をメモリ項目に変更し、ノードがプロジェクトでメモリ項目と関連付けられていることを示します。

ヒント プロジェクトエクスプローラウィンドウからブロックダイアグラムにメモリ項目をドラッグして、構成したメモリメソッドノードをブロックダイアグラムに配置できます。

メモリメソッドノードを右クリックして、ショートカットメニューから新規メモリを追加を選択し、プロジェクトエクスプローラウィンドウに新規メモリ項目を作成します。

ヒント メモリ入力が配線されていない場合は、メモリメソッドノードをクリックしてショートカットメニューからプロジェクト内の項目を検索を選択して、プロジェクトエクスプローラウィンドウでメモリ項目をハイライト表示することもできます。

FPGA VIをリセットすると、メモリは変更されずに維持されます。 メモリを再度初期化するには、FPGA VIを再度ダウンロードする必要があります。

エラー処理端子を表示する

操作が正しく実行されているか監視するには、エラー端子を追加します。 エラー端子を追加して、このノードをデータフローに配置することもできます。 LabVIEW標準のエラー入力パラメータとエラー出力パラメータをノードに追加するには、ブロックダイアグラムでメモリメソッドノードを右クリックしてショートカットメニューからエラー端子を表示を選択します。 エラー入力にエラーが含まれていると、不正なデータが受信される可能性があります。

メモ エラー入力パラメータとエラー出力パラメータを追加すると、ノードによってより多くのFPGAターゲットのスペースが占有されます。 エラー入力パラメータとエラー出力パラメータによって、FPGAターゲットの実行が遅くなる可能性もあります。

エラー端子を使用せずにデータフローでこのノードを使用するには、フラットシーケンスまたはスタックシーケンスストラクチャにノードを追加します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった