データを取得 (メモリメソッド)

インストールパッケージ: FPGAモジュール

データを要求メソッドで要求済みデータを取得します。

このメソッドを実装するには、メモリメソッドノードを使用します。 DRAMメモリのみがこのメソッドをサポートします。

詳細  

ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
メモリ入力FPGAメモリを指定します。 メモリ入力に何も配線しない場合は、メモリメソッドノードを右クリックしてショートカットメニューからメモリ項目を選択してFPGAメモリを指定できます。 メモリ入力には、メモリ制御器メモリ定数、その他のメモリメソッドノードを配線できます。
出力準備完了後続ノードがこのノードから返される新しい値を受信できる状態かどうかを示します。 デフォルトはTRUEです。 後続ノードの入力準備完了出力を現在のノードのこの入力に配線するには、フィードバックノードを使用します。
メモ あるサイクルでこの端子がFALSEの場合、同サイクルで出力有効端子もFALSEになります。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
メモリ出力メモリ入力が配線されている場合、メモリ入力を返します。 配線されていない場合は、メモリ出力はメモリメソッドノードで指定したFIFOを返します。
データFPGAターゲットのメモリから取得されたデータです。 データは、FPGA VI内のみから直接アクセスできます。 FPGAターゲットのメモリ内のデータは、ホストVIから直接アクセスできません。 ホストVIからデータにアクセスするには、制御器、表示器、またはDMA FIFOを使用する必要があります。 データデータタイプは、メモリ項目を作成した際にメモリプロパティダイアログボックスで構成したデータタイプです。 メモリ項目を初期化していない場合、データは未定義となります。
出力有効ノードが後続ノードで使用できる結果を計算済みの場合、TRUEを返します。 ノードのデータを後続のノードに送信するには、この出力を後続ノードの入力有効入力に配線します。

データを取得 (メモリメソッド)の詳細

このメソッドは、データを要求メソッドが要求する順番でデータを取得します。

メモ 書き込み (メモリメソッド) ノードは、対応する「データを要求」および「データを取得」ノードと異なるクロック領域に配置することができます。

シングルサイクルタイミングループに関する注意事項

このメソッドはシングルサイクルタイミングループ内でのみ使用可能です。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった