レジスタメソッドノード

1つ上のパレット: データストレージ&転送関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

FPGAのレジスタ項目でメソッドをインボークします。

メソッドを指定する前に、まずレジスタ項目を指定する必要があります。 メソッドは書き込みと読み取りです。

詳細  

レジスタ入力は、レジスタ項目のリファレンスを指定します。 レジスタ入力には、レジスタ制御器レジスタ定数VI定義レジスタ構成ノード、その他のレジスタメソッドノードを配線できます。
レジスタ出力は、レジスタ入力が配線されている場合はレジスタ入力を返します。 配線されていない場合は、レジスタ出力はレジスタメソッドノードで指定したレジスタ項目を返します。

レジスタメソッドノードの詳細

レジスタメソッドノードを使用するには、まずレジスタ項目を作成する必要があります。 レジスタ項目は、プロジェクトエクスプローラウィンドウで、またはVI定義レジスタ構成ノードを使用して作成できます。 続いて、レジスタメソッドノードを右クリックしてレジスタを選択ショートカットメニューからレジスタ項目を選択します。

レジスタ項目をレジスタ入力に配線する場合、LabVIEWはこのノードの名前をレジスタ項目に変更し、ノードがプロジェクトでレジスタ項目と関連付けられていることを示します。

ヒント プロジェクトエクスプローラウィンドウからブロックダイアグラムにレジスタ項目をドラッグして、構成したレジスタメソッドノードをブロックダイアグラムに配置できます。

レジスタメソッドノードを右クリックして、ショートカットメニューから新規レジスタを追加を選択し、プロジェクトエクスプローラウィンドウに新規レジスタ項目を作成します。

ヒント レジスタ入力が配線されていない場合は、レジスタメソッドノードをクリックしてショートカットメニューからプロジェクト内の項目を検索を選択して、プロジェクトエクスプローラウィンドウでレジスタ項目をハイライト表示することもできます。

以下のレジスタメソッドを呼び出すことができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった