レジスタ定数

1つ上のパレット: データストレージ&転送関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

ブロックダイアグラムでレジスタ項目を指定するには、レジスタ定数を使用します。

レジスタ名制御器タイプを構成ダイアログボックスを使用して、レジスタ定数を構成します。

レジスタ定数の矢印をクリックすると表示されるプルダウンメニューには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでアクティブなVIと同じFPGAターゲットにあり、定数の構成に一致するレジスタ項目だけが表示されます。 プルダウンメニューから項目を選択する場合、定数の構成はプルダウンメニューから選択した項目の構成に一致します。

ブロックダイアグラムでレジスタ項目を指定するには、レジスタ制御器を使用します。

メモ レジスタ定数は、ブロックダイアグラムでFPGAクロック定数FPGA I/O定数FIFO定数、およびメモリ定数と同じように見えますが、各定数は完全に異なるデータタイプを表しています。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった