同期関数

1つ上のパレット: FPGAモジュールVIおよび関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

同期関数を使用して、並行して実行されている複数のタスクを同期化し、それらのタスク間でデータを渡すことができます。

メモ  これはFPGA固有のパレットで、ホストVIの編集時にこのパレットに表示されるVIや関数のサブセットが含まれています。
パレットオブジェクト説明
割り込みFPGAターゲットの割り込みラインで割り込みをアサートします。
初めて呼び出す?サブVIまたはブロックダイアグラムの一部が初めて実行されていることを示します。 「初めて呼び出す?」関数は、実行ボタンをクリックした後初めて呼び出された際のみTRUEを返します。


サブパレット説明
FIFO関数FPGA VIでFIFOを使用して1つのループから別のループ (シングルサイクルタイミングループなど) にデータを送信するには、FIFOメソッドノードを読み取りおよび書き込みメソッドと使用します。 DMA FIFOを使用して、書き込みメソッドでホストVIにデータを送信することもできます。
オカーレンス関数オカーレンス関数を使用して、別個の同期アクティビティを制御します。 特に、LabVIEWにポーリングを強制することなく、1つのブロックダイアグラムの特定の部分が、別の特定の部分のタスクが完了するまで待機状態にするには、これらの関数を使用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった