VI定義ハンドシェイク構成 (ノード)

1つ上のパレット: データストレージ&転送関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

VI定義ハンドシェイク項目を表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義ハンドシェイク項目を構成します。 VI定義ハンドシェイク項目を使用して再入可能サブVIを作成し、リソースの競合を回避します。

詳細  

ハンドシェイク出力は、ハンドシェイク入力が配線されている場合はハンドシェイク入力を返します。 配線されていない場合は、ハンドシェイク出力ハンドシェイクメソッドノードで指定したハンドシェイク項目を返します。

VI定義ハンドシェイク構成の詳細

VI定義ハンドシェイク項目を再入可能なFPGA VIで使用すると、リソースの競合を回避するためにVIのインスタンスごとに独立したハンドシェイク項目のコピーが作成されます。

VI定義ハンドシェイク項目には、ターゲット指定ハンドシェイク項目と同じ名前を付けることができます。 また、異なるVIにあるVI定義ハンドシェイク項目に同じ名前をつけることができます。 ただし、1つのVI内で同じ名前を持つ複数のVI定義ハンドシェイク項目を作成することはできません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった