VI定義FIFO構成 (ノード)

1つ上のパレット: FIFO関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

VI定義FIFOを表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義FIFOを構成します。

詳細  

FIFO出力は、FIFOプロパティダイアログボックスで指定するFIFOを返します。

VI定義FIFO構成の詳細

VI定義FIFOのデータの読み取りまたは書き込みには、読み取り書き込みメソッドを使用します。 FIFOは最初は空の状態です。 FPGA VIをリセットすると、FIFOはクリアされます。

VI定義FIFOを再入可能なFPGA VIで使用すると、リソースの競合を回避するためにVIのインスタンスごとに独立したFIFOのコピーが作成されます。

VI定義FIFOには、ターゲット指定FIFOやDMA FIFOと同じ名前を付けることができます。 また、異なるVIにあるVI定義FIFOに同じ名前を付けることができます。 ただし、1つのVI内で同じ名前を持つ複数のVI定義FIFOを作成することはできません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった