FPGA I/Oメソッドノード

1つ上のパレット: FPGA I/O関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

プロジェクトエクスプローラウィンドウのCシリーズモジュールなどのFPGAターゲットで、I/O項目またはハードウェア上のメソッドをインボークします。 FPGAターゲット自身でメソッドのインボークができる場合もあります。 使用可能なメソッドは、FPGAターゲットおよびFPGA I/O項目、選択するCシリーズモジュールなどにより異なります。

メソッドを選択するには、まずFPGA I/Oメソッドノードで項目を構成します。

詳細  

FPGA I/O入力は、FPGA I/O制御器または定数を使用して、読み書きを行うFPGA I/O項目を指定することを可能にするオプションの入力です。 FPGA I/O制御器をコネクタペーンの入力として使用するには、FPGA VIが再入実行に構成されている必要があります。
FPGA I/O出力は、ノードで操作対象となったFPGA I/O項目を返します。

FPGA I/Oメソッドノードの詳細

各メソッドは、ターゲットの種類やI/O項目によって、シングルサイクルタイミングループの内外でサポートされるかどうかが異なります。 詳細については、特定のFPGAターゲットのハードウェアドキュメントを参照してください。

ヒント プロジェクトエクスプローラウィンドウでI/O項目をハイライト表示するには、FPGA I/Oメソッドノードを右クリックし、ショートカットメニューからプロジェクト内の項目を検索を選択します。

メソッドによって、使用できるパラメータが異なります。 また、サポートされるメソッドはFPGAターゲットの種類やI/Oリソースによって異なります。 FPGAターゲットによっては、メソッドをサポートしていないものもあります。 メソッドには、パラメータを持たないものや、複数のパラメータを持つものもあります。

双方向デジタルI/Oラインとポートを持つFPGAターゲットでは通常、双方向I/O項目で以下のメソッドを使用できます。

  • 出力データ設定メソッドーデジタルラインまたはポートに、それらを有効にすることなくデータを書き込みます。 データ出力を設定メソッドを使用して連続的なDIOリソースへの書き込みのパフォーマンスを最適化できます。 データ入力のデータタイプは、I/O項目によって異なります。 たとえば、I/O項目がデジタルラインの場合、データはブールデータタイプとなります。
  • 出力有効化を設定メソッドーデジタル入出力リソースが外部入力を読み取るか出力を書き込むかを指定します。 デジタルラインでは、このメソッドにTRUEを配線するとリソースがデータを書き込めるようになります。 このメソッドにFALSEを配線するとリソースが外部データを読み取れるようになります。 有効入力のデータタイプは、I/O項目によって異なります。 たとえば、I/O項目がデジタルラインの場合、有効はブールデータタイプを必要とし、I/O項目が8ビットデジタルポートの場合、有効はU8データタイプを必要とします。 U8のバイナリ入力値はデジタルポートの個々のラインに対応します。 0はFALSE入力、1はTRUE入力です。
  • タイミング入力データを取得ー外部のデジタルラインからデータを読み取ります。 タイミング出力有効化を設定メソッドを使用するか、ブロックダイアグラムをリセットした後で、外部入力を読み取るようにDIOリソースを構成すると、有効でTRUEが返されます。 このメソッドを使用して、FPGAターゲット上のDIOリソースから継続的な読み取り操作を実行することができます。 データでは、ブールデータタイプのみがサポートされています。
  • タイミング出力データ設定メソッドーデジタルラインに、ラインを有効にすることなくデータを書き込みます。 出力を書き込むようにDIOリソースを構成すると、準備完了ではTRUEが返されます。 このメソッドを使用して、FPGAターゲット上のDIOリソースから継続的な書き込み操作を実行することができます。 データでは、ブールデータタイプのみがサポートされています。
  • タイミング出力有効化を設定メソッドーDIOリソースが外部入力を読み取るか出力を書き込むかを指定します。 ラインI/Oの方向が変わると、安定はTRUEを返します。 シングルサイクルタイミングループでこのメソッドを使用した場合、有効値を変更したときと安定値がTRUEを変更したときの間のクロックサイクルの数は、FPGAターゲットによって異なります。 デジタルラインでリソースがデータを書き込めるようにするには、有効をTRUEに設定してください。 リソースが外部データを読み取れるようにするには、有効をFALSEに設定します。 NIでは、出来る限りこのメソッドを使用して、FPGAターゲット上にDIOリソースを構成することを推奨します。 有効では、ブールデータタイプのみがサポートされています。 シングルサイクルタイミングループの外側でこのメソッドを使用すると、安定は常にTRUEを返します。

エラー処理の詳細

LabVIEW標準のエラー入力パラメータとエラー出力パラメータを関数に追加するには、ブロックダイアグラムでFPGA I/Oメソッドノードを右クリックして、ショートカットメニューからエラー端子を表示を選択します。 エラー端子を使用すると、VI内のデータフローを容易に形成できます。また受信したデータの有効性も確認できます。 エラー通知の方法は、FPGAターゲットによって異なる場合があります。 個々のFPGAターゲットでのエラー通知の詳細については、それぞれのハードウェアのドキュメントを参照してください。

メモ エラー入力パラメータとエラー出力パラメータを追加すると、関数が必要とするFPGAターゲットのスペースが増加する可能性があります。 エラー入力パラメータとエラー出力パラメータによって、FPGAターゲットの実行が遅くなる可能性もあります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった