FPGA I/O定数

1つ上のパレット: FPGA I/O関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール

ブロックダイアグラムのFPGA I/O項目を指定するには、FPGA I/O定数を使用します。

FPGA I/O定数の設定と、サポートするメソッドとプロパティの指定は、FPGA I/O名制御器タイプを構成ダイアログボックスで行います。

FPGA定数の内側をクリックすると表示されるショートカットメニューには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでアクティブなVIと同じFPGAターゲットにあるFPGA I/O項目だけが表示されます。 FPGA I/O定数がすでに構成済みの場合は、ショートカットメニューには構成でサポートされるI/O項目だけが表示されます。

I/O項目は、FPGA I/O定数の内側をクリックしてI/O項目の名前を入力して指定することもできます。

FPGA I/O項目を使用してFPGA I/Oリソースを参照するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでFPGAターゲットにI/Oリソースを追加する必要があります。

再利用可能なサブVIを作成する際は、ブロックダイアグラムでFPGA I/O制御器を使用してFPGA I/O項目を指定します。

メモ FPGA I/O定数はFPGAクロック定数と同じように見えますが、これらは完全に異なるデータタイプを表しています。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった