読み取り (レジスタメソッド)

インストールパッケージ: FPGAモジュール

FPGAターゲットのレジスタから1つの値を読み取ります。 このメソッドは、書き込みメソッドと一緒に使用します。

このメソッドを実装するには、レジスタメソッドノードを使用します。

ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
レジスタ入力FPGAのレジスタ項目を指定します。 レジスタ入力には、レジスタ制御器レジスタ定数VI定義レジスタ構成ノード、その他のレジスタメソッドノードを配線できます。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
レジスタ出力レジスタ入力が配線されている場合、レジスタ入力を返します。 配線されていない場合は、レジスタ出力はレジスタメソッドノードで指定したレジスタ項目を返します。
データFPGAターゲットのメモリから読み取られたデータです。 データは、FPGA VI内のみから直接アクセスできます。 FPGAターゲットのメモリ内のデータは、ホストVIから直接アクセスできません。 ホストVIからデータにアクセスするには、制御器、表示器、またはDMA FIFOを使用する必要があります。 データデータタイプは、レジスタ項目を作成した際にFPGAレジスタプロパティダイアログボックスで構成したデータタイプです。 レジスタ項目を初期化しないと、データは定義されません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった