ダイレクトメモリアクセスを使用してデータを転送する (FPGAモジュール)

ダイレクトメモリアクセス (DMA) は、FPGAターゲットとホストコンピュータ間でデータを転送するFIFOベースの方法です。DMAはホストプロセッサに関連しないため、FPGAターゲットとホスト間で大量のデータを転送する場合に利用できる最も高速な転送方法です。

DMA通信の利点

以下のリストは、FPGAターゲットとホストコンピュータ間のデータ転送にDMA通信を使用する利点を明らかにしています。

アプリケーションが以下のタスクのいずれかを実行する場合、DMAを使用することをお勧めします。

  • FPGAターゲットとホスト間で波形データを転送する
  • 大量のデータセットを転送する
  • データロギング
  • たとえば、複数の入力チャンネルからの値を平均および合計するなど、FPGAターゲットでホストコンピュータよりも処理を効率的に実行できるアルゴリズムを実行する

DMA通信をアプリケーションで実装する

HIGHレベルでは、FPGAアプリケーションでDMA通信の実装は、以下の手順で行われます。

  1. FPGAターゲットがDMA通信をサポートしているかどうかを確認
  2. アプリケーションでDMAが最適であるかを確認します。FPGAターゲットとホストコンピュータ間でのデータ転送における、DMAの利点その他のオプションを考慮します。
  3. DMAについて理解します。
  4. ベストプラクティスに注意を払いながら、アプリケーションの設計とプログラムを実行します。
    • 複数チャンネルの必要性を評価します。
    • ホストVIを設計します。
    • バッファエラーを回避します。

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった